カテゴリ:antique&vintage( 4 )

古いものと新しいもの  和のものと洋のもの

先月の旅先では、
アンティークショップやセカンドハンドショップを巡り、
実は、割れ物の数々をこんなに持ち帰ってきたのです!

c0364500_18482383.jpg

私の前のブログをご存知の方でしたら、 
御馴染のこの光景、  ふふふ  久しぶりでしょう???    
業者の仕入れか? と思いますよね。

お店はしていませんが、まぁ 似たようなものかも。
どれも、自分様に持ち帰ったものではありませぬ~


知人にお願いしておいた品々に、
いつの間にか、セコハン巡りの達人になっていた友人に連れて
行ってもらったお店で見つけたもの、
それから 馴染のアンティークショップで見つけたもの。
いろいろです!
戦利品としては、もぉ~っと沢山ありましたが、さすがに重量オーバーで
諦めましたです、はい。

ご覧のとおり、同じものがいくつかあります。
ガラス(一部はクリスタル)の小皿とカトラリーレストと、
小さなアンティークスプーンなど。



こちらの布ものは、自分用。

c0364500_18583404.jpg
セコハン(セカンドハンドショップの略)には、とびきり素敵なものはないけれど、
まるで「宝さがし」の様なものなので、キラリと光るお宝を見つけた時の快感は、
アンティークショップでの買い物とは比になりません。
どれも しびれるお値段ですから♪
綺麗にお洗濯すれば、何の問題もないわ~
ここでは、クラシカルな布ものをゲット。


イギリスの古い小皿も見つけましたよ。
10センチほどの小さいものです。
6枚で5ユーロほどだったかな。 

c0364500_19010959.jpg
こちらのシルバープレートのポットは、
早々と友人のところへお嫁入り。
100年以上経過したイギリスのアンティークです。
これは、アンティークショップで見つけました。
小さな凹みがありましたが、中も綺麗で比較的状態のいいものだと思います。

c0364500_19042880.jpg
和のシーンで使えそうなシルバーポットを探していたので、イメージ通り。
ハンドルとつまみが どこか和っぽい印象なので、
漆のお盆や折敷にあいそうでしょう?
また、 あえてモダンなクロスやアイテムをあわせて新旧ミックスのコーディネートに
使えるかと思い、即決したもの。
きっと骨董屋さんの彼女なら、素敵に使ってくださるわ!



トップの写真のガラスの小皿は、
使い勝手がよく見栄えもいい。
個人的にすごく気に入っているので、親しい友人に「押し売り」しているほど 笑

おそらく、
ヨーロッパのテーブルでは、グラスコースターとして使うものだと思いますが、
日本人ならば、お醤油受け、餃子のタレ受け、として大活躍。
その他、
こんな風に、お菓子やお団子などをちょこっと載せるのに、どうかな~


c0364500_19100891.jpg

松月堂の栗きんとんをのせてみたわ。


漆とガラス、シルバーの相性は抜群なので、ミックスでコーデしたい。


変わって、
セコハンで見つけたクラシックレースのクロスを敷いて、お茶のセット。
アンティークのシルバーポットとストレーナー、Alessiのステンレスジャムトレー。
木の折敷で土ものの器とガラスの小皿。
新と旧 和と洋  素材もいろいろ。   
こうなったら なんでもアリさ!


c0364500_20001730.jpg

自分流に器で楽しく遊ぶ!    
これ、 私の人生テーマにしようかな   なーんて。




今日のつぶやき


カズ  凄いなぁ~


清澄白川の駅周辺を歩いてみた。
雑誌に特集されるだけあって、カフェが多い。
でも、私には昔からの名物「深川飯」のほうが魅力的!



あー ツリー飾りたいよぉぉぉ




もうひとつ 呟きます。
by nanako-iro | 2015-11-13 00:00 | antique&vintage | Comments(24)

パリでアンティークを。

滞在したホテルのすぐそばで、
偶然にもアンティークマーケットが開かれていました。

今回の旅では、時間もなく
アンティークを探す予定もなかったので、ラッキー!!!

テントが長く続いています。

c0364500_21271975.jpg


宝石や家具や 何やらお高そう~なものが多いわ。
蚤の市とは、やっぱり違うわね。
お写真もなかなか撮りずらい雰囲気^^:


c0364500_21292955.jpg
6枚のお皿 素敵。
飾り方を見習いたい。


私も少しだけコレクションしている小さなスプーン(薬味用のほんとに小さなもの)
がガラスケースにいっぱい♥


c0364500_21310146.jpg

美しい細工で素敵なものもあったけれど
だめだわー  まるで買えるお値段じゃない!



さすがにフランス。
リキュールカラフェやグラスがいくつもあって
うっとり。

c0364500_21364646.jpg
素敵ですが、
こうしたものは、使う機会はないですねぇ~
グラスは、比較的お手頃値段のものもありました。↓

c0364500_21380607.jpg
リキュールグラスが欲しいと話していた友人に買って帰りたいところだけれど、
とてもじゃないけれど、
持ち帰れましぇん・・・  ごめん。


お、ちょっとおもしろい画を見つけましたよ。

c0364500_21321872.jpg
こういうテイスト 結構好き。




わ  皿だ 皿だ 皿だぁぁぁぁ!
危険・・・

c0364500_21412555.jpg
近寄ってみる~


c0364500_21405633.jpg

きゃ 私が持ってる choisy le roi のものだわ。
でもね 1枚 20ユーロだって。  あたしゃ  3ユーロで買ったぞい。
ぐふふ・・・と心の中でガッツポーズしていたら
「これは、古いジアンのものだよ」と 見せてくれたのが、
↑画像上部に置いてある スープチューリン。

c0364500_21453959.jpg
いやいや スープチューリンなんて、
一生 使いませんから。 しまう場所 ないですから。  スープより 豚汁派ですから。
それより、このウッドハンドルのポットが素敵。
あ 似たの持ってるか。

テント内を色々見た中では、
ここが1番好みのお店だったわ。

しかし、洋食器のお皿はもう打ち止め!と思っていますから
(これからは和食器の道へ突き進みます)

店主さんに写真だけ撮らせてもらって、 
Merci    Au revoir


・・・のつもりだったけれど、
ショーケースの中から見つけた コレだけ買っちゃった。


c0364500_21530884.jpg
ティーストレーナーです。
ウッドハンドルフェチの私にアピールするかのようなデザイン。
シルバーなので、少し値切っても高かったーーー 

えぇ 
シルバーのティーストレーナーは、持ってますわよ。
でも、こんなデザインは初めて。

家に帰って、
並べてみたわ。

c0364500_21563941.jpg
喜。


でも、いつもの様に、
ポットにティーパックのお茶入れたら、
意味ないんだけどね・・・

欲しいから買う。  でも実際は使わない。
こういうのって、物欲じゃなくて、所有欲って言うらしい。
でも、それじゃダメよね~
いやいや 使うぞ、使ってみせるぞー
4つのティーストレーナー  日替わりで使うわよー
ティーパック置きとしてね。



形から入る人間で、どうもすみません。



さて このあとは、
アムステルダムへ移動ですが、
そちらの記事は、別の場所に書くかも~





今日のつぶやき


消防車のサイレンをよく耳にするようになりました。
乾燥の季節です、気を付けましょう。


instagramの始め方がよくわからない^^
メールアドレス 登録しないといけないの?



由伸が監督に?  ひぃー 
プロ野球の監督が年下って、結構ショックなんですけど。




by nanako-iro | 2015-10-27 00:00 | antique&vintage | Comments(10)

真鍮インテリアアクセサリー

シルバー製品の美しさにはもちろん惚れ惚れするのですが、
ここ最近は、真鍮ものが好きな私。
古く懐かしい感じがあって、我が家の空間にはシルバーよりも馴染む気がしています。

ヨーロッパのアンティークマーケットや蚤の市で少しづつ集めた真鍮の小物たち。

c0364500_21461971.jpg
中には、用途不明のものもありますが^^

こちらのローズボウルは、お気にいり。
バラを小さく飾れるように網になっていますが、
真鍮とクリスタルガラスのコンビネーションが、和の雰囲気にも見えませんか?

c0364500_21483406.jpg
網の部分がシルバーのローズボウルは、今でもよく見かけます。
でも、シルバーじゃだめなの。   
真鍮だからアンティークらしさがあって素敵なのよー  と思ってマス。


やはり真鍮とクリスタルのコンビネーションのハンドルつきボウルです。
このクリスタルの柄、和柄にもありそうな感じ。

c0364500_21504610.jpg
結構ずしっと重いのですよ。


こちらは、真鍮のオモチャです。
ミニチュアサイズのオモチャも、真鍮だとちょっと大人でしょー

c0364500_21531656.jpg
手前の3つは、中国の七宝焼きピルケース。
かなり昔、香港のアンティークショップで見つけたものです。
それぞれ、持ち手や蓋の縁が真鍮色です。  

このお重タイプのピルケースなんて、
ちゃんと1段1段中身が開くんだから!  感動ものよ♪

c0364500_21554023.jpg
これ、結構高かったのだけれど、見つけた瞬間に
握りしめて離さなかったの、私。

これも、ピルケース。5センチほどの小さなものです。
まぁるくてかわいいの。

c0364500_21574958.jpg
こういうオモチャがすごく多い我が家。
でも、ひとつひとつ色々な場所で見つけて気に入って買ったものだから、
どれも宝物なのです。




最近、よく思うのだけれど・・・
私が死んだら、こういうオモチャってどこ行くのだろう?
お棺に一緒に入れても、燃えないよね? 怒られそうだよね?
今から、このオモチャは誰々に って、遺言書に細かく書いとくかな。 笑
長文すぎて、巻物になりそうな遺言書。
え 貰っても困る?





今日のつぶやき


旧ブログに同じもの載せて記事にしてるわ^^
削除しよっと。


ダイニングの照明に悩んでいます。
外国製のモダンデザインのものにするか、
日本人作家さんのペンダントタイプにするか。
安価で無難なシェードものにするか。


明日は、OL女子と牡蠣三昧のディナー予定♪
夏の岩牡蠣  最高っす。




by nanako-iro | 2015-07-31 00:00 | antique&vintage | Comments(12)

東京蚤の市 2015

先日、「東京蚤の市」というイベントに出かけてきました。
第七回とありましたが、私はお初です。
 
会場は調布にある京王閣という競輪場。
駅前だったので、便利でいいわ~

一人で出かけたのですが、
店舗の数もそこそこあって、食事もできて、結構楽しめました♪

c0364500_21562777.jpg


それにしても、こんでいます。
お客さんは、ベビー連れやカップルなど若い人が多かったけれど、
アンティークって若い子にも人気あるのね~

あぁ 蚤の市
この雑多な中から宝物を探す感じ~  たまりません!

c0364500_21582996.jpg



ではでは、
目にとまったもののいくつかを撮影してみたので、
ブログアップしますね~


ディスプレーが洒落ていたコーナーから。

c0364500_2201275.jpg



大正ガラス 昭和ガラス

形も様々。 こうして並ぶと、よい眺め。

c0364500_2212694.jpg


お値段もお手頃。
ヨーロッパのリキュールグラスと、カットも似ていて素敵でしたよ。

c0364500_2223586.jpg


こちらは、おフランスの陶磁器がたくさん。
ジアンやクレイユモントローのオクトゴル皿などもありました。

c0364500_2241471.jpg


人気は、やはり北欧のコーナー。

c0364500_2245466.jpg


北欧に関しては、
ヴィンテージものだけでなく、布やハガキや小物などが揃い、女子女子女子で大賑わい。

c0364500_2263276.jpg


クイストゴーは、黄色のリーフ柄のものが揃っていました。


さて、
和のコーナーですよ。

お皿は、印判のものが多かったな~

c0364500_228558.jpg


高級品ではなさそうですが、
わりと素敵な骨董のお椀もあって、ちょっぴり心が揺れましたが、
そーだ、私は遺品整理でもらってきたばかりだわ^^

c0364500_22105176.jpg



レトロなお鍋。
昔 うちにもこんなお鍋があったかも~

c0364500_22121498.jpg


おっ!
ロンドンでさんざん探したhornseaやtotemもありますよ~

c0364500_22141891.jpg



このアイアンの燭台と左の籠が気になりました・・・

c0364500_22131790.jpg


それから、
漆黒の皿やなんともあじのあるヤカンも好みです♥

c0364500_221655.jpg


なんとなんと、
オランダKLMノベルティーのカナルハウス(長距離ビジネスクラスに乗ると、ひとつ貰えます)
の置物も売ってるじゃないのー!!!

c0364500_22293597.jpg


2500円~4500円ですと。  




結局のところ、
安いものをちょこちょこと買って、競輪場客席でひとりランチして、
3時間弱  堪能しました♪


久しぶりの「蚤の市」
ヨーロッパのそれとは、また違う楽しさもあり、発見もあり、
東京バージョンもなかなかおもしろい!
なんたって、和ものが揃うしね~


ということで、
今回の戦利品。


c0364500_22354746.jpg


一輪挿しは、白磁も瓢箪ガラスもともに800円。
鍋敷きは、大正時代のものなんですって。 2000円でした。
襖の取っ手(?)は、500円。  どう使おうかな~
流木は、400円。 

そして、これが1番のお気に入り。

溶岩石鉢です。

c0364500_22394598.jpg

溶岩石がくり抜かれて植木鉢になっているの。
見た目のわりに軽かったので、持ち帰れました。

水がじーんわりと抜けてゆくことが確認できたので、
直接 土を盛り込み、シダとシュガーパインを植えてみたの。
シュガーパインがもう少し伸びたら、バランスよくなるかしら。



地味~な買い物でしたけれども、
満足です065.gif 065.gif 065.gif




今日のつぶやき

週末のBSは、いい番組が多いわ。

改築前のホテルオークラにサヨナラしてきた。 あのロビーの雰囲気が大好き。

「亭主元気で留守がいい」って、マジ名言。 だって、その通りなんだもん。
週末は出張 やっほー


 



by nanako-iro | 2015-05-19 00:00 | antique&vintage | Comments(8)