カテゴリ:pottery&porcelain( 19 )

中国茶でお茶の時間

あるご縁があって、
本場 台湾の青茶を頂きました。
私のまわりは、今 台湾ブーム?
あの人もこの人も台湾へ。 
何を隠そう、私も年末に旅行予定でしたが、フライトがキャンセル待ち。
結局、キャンセル待ち34人に入れず、旅行はおじゃん。涙

その極上の台湾中国茶でお茶の時間です♪

c0364500_15160239.jpg


また別の友人から貰った茶梅。
中国茶の葉っぱで漬けられた梅です。
ほんのりお茶の味がして、甘さひかえめの茶梅。
これ、好きすぎてやばい。
気が付けば、7,8個食べちゃう。

c0364500_15173334.jpg



中国茶器
今回は、お気に入りのアンティークティーボウルで。

c0364500_15180127.jpg
中国茶全般好きだけれども、
中でも青茶の類が好み。
いいお茶は、ものすごく余韻が長いし、いつまでも茶器に香りが残るのですね!
今回頂いたお茶は、岩茶と高山烏龍
ル〇シア や マリアージュフ〇ール あたりで売れれている中国茶も
時々買いますが、本場のいいお茶飲んじゃうと、全然違う。


また
別の日のセット。


c0364500_15232396.jpg

小さなあんドーナツと姫林檎で。
お茶のシーンの撮影って、すごく楽しい。
あれとこれをセットして、小さなおやつを載せて撮影するの。


c0364500_15252058.jpg
今年もこんな一人お茶時間
楽しむつもり♪
あ 勉強しながらね・・・


c0364500_15354522.jpg



今日のつぶやき


伊勢丹バーゲン初日!
スクールの前に行ってこよ♥


主人の実家へ帰省。
姪っ子が大学院へ  甥っ子が大学へ
おじさん(夫) お祝いが大変です^^;


お正月の飾りつけ
あっという間に撤収。
ちょっと寂しいから、ミニチュアはもう少し飾っとく。




by nanako-iro | 2017-01-11 00:00 | pottery&porcelain | Comments(7)

今 一番好き

先日、また器を買いました。
今、一番好きな作家さんの作陶展があったのです。
初日の比較的早い時間に行きましたよ。

久しぶりに  ドキューン !!!

c0364500_20505374.jpg


アップすぎて、どんな器かわからないって?


c0364500_20533290.jpg
向付? 小鉢?
写真で見るよりも、小さいサイズかもしれません。

こんな風に、あえもの、酢の物などをちょっと盛り付けるほどのサイズ。


c0364500_20582242.jpg

岡さんの器は、もう5,6年前に お名前知らずに手にとって買い物をし2つ持っている
のだけれども、今回の器は、まったく違うタイプの器。

岡さんの何がスゴイって、
陶器も磁器も作っちゃう。  白磁もあれば、伊万里風のものも。
ざらざらした感触のものもあれば、つるんつるんもあるの。
でも、最大の魅力は、彼の絵付けセンス。
どれもツボすぎて、選べない!

こちらは、
先日某デパートで開催された作陶展から撮影させてもらったもの。
これは陶板でしょうか。
唐草が描かれてシノワズリーでしょう?


c0364500_20595346.jpg

鳥ちゃんたちを描くのは岡さんの真骨頂!


c0364500_20593288.jpg
この角皿の角を見てみてください。
角キリ という中国から伝わる技法なんですって。
こんな小さな拘りに胸キュンなわけですよ。


c0364500_20594341.jpg
写真暗くてごめんなさいね~
ご本人いらしたので、たっぷりお話できました。
めちゃくちゃ好みです♥ とラブコールしてきましたよ~
ついでにご本人も素敵な方。


台帳らしきものに名前を書いたら、次の個展のお知らせDMが届きました。
c0364500_21051130.jpg
はい 土曜日から始まっています~

行きたい 行きたい 行きたいです、もちろん。

でもね、わかってるの。 見たら最後 絶対 欲しくなって買っちゃう。

器はたくさん持ってる。 きっと今後も買う。 増える。  
だから、ペース考えて、食器棚考えて、財布事情鑑みて、お買いものしないとね。
友人にも相談した結果、今回の展示会は見送る! 事にしました。


ご縁のある器、人、モノ とは、またきっといい出会いあるはずだもーん。





今日のつぶやき


物欲の秋が来た!
今回の物欲 ふつーじゃない。
ひとまず、実用的な 圧力鍋 が優先順位1位。
ビッグカメラのポイントが少し残っているはずだし。


近所の炭火焼きの魚屋さんにとびこみで入る。
まずまず美味でお会計もお財布ひびかず、よかったー



玄関の外に、ヤモリがいた。
先日は大きいの。 昨日は子供サイズ。
ちょっと不気味だけれど、ヤモリって家守りとかいって、
悪いことじゃないって聞いた記憶。
なので、始末せずそのままに~
でも、どんどん増えたらどうしよう・・・













by nanako-iro | 2016-10-04 00:00 | pottery&porcelain | Comments(0)

冷抹茶

お茶が好きでよく飲みます。
茶器もたーくさん持っています。 ← 知ってるって!?

こちらは、お抹茶椀のコーナー  (一部違うものもあるけれど)


c0364500_22013800.jpg
今の季節は、
氷を入れて冷抹茶を。

ひとりお茶タイムも、少しばかり贅沢な気分♪
こちらの白い椀は、横山拓也さんのものです。



c0364500_22032605.jpg

黒糖くずきりと一緒に頂きましたわん。
でも、くずきりはスプーンでは食べにくいと、後から気が付く。



c0364500_22031588.jpg

ただいま、ガラスの抹茶椀を探していまーす。
素敵なもの、見つかるといいな~





今日のつぶやき


今年はカープの勢いがスゴイ!
広島の友達多いから、盛り上がってますよ。



窓拭きしたいのだけれど、梅雨明けするまでもう少し待ってみる。




増田さんの乗った選挙カーが家の前を通る。
ベランダに出たら、一瞬 目が合ったよ 笑







by nanako-iro | 2016-07-20 00:00 | pottery&porcelain | Comments(7)

新妻陽子さんの器

吉祥寺にある ギャラリー石田さんで開催中の
「新妻陽子 陶展  暮らしの器」へ出かけてきました。



c0364500_22363064.jpg
購入した器がこちら。
小鉢といったところかな。
このところ、三島模様に夢中な私です^^


井の頭公園をぬけた住宅街にある ご自宅を兼ねたギャラリー。
趣味のいい空間で大好き。
オーナーのマダムもとても素敵な方。

携帯の写真で申し訳ないけれど、
少しご紹介します。

c0364500_22412741.jpg
新妻陽子さん
秩父の土、木と藁の灰で作陶されているそうです。
箸置きもかわいいの。  
この小さな箸置きひとつひとつにも、作家さんの「思い」を感じます。



c0364500_22432501.jpg

ちょっと唐津っぽい?
秩父でとれた土に藁の灰釉でいい色に出るものですね。
すごく品がいい。



c0364500_22463120.jpg
新妻さん
毎日、普段使いできる器を作りたいんです!   って。
お料理を盛った姿が想像できる器、想像したくなる器。
なるほど~

します、します、想像ならいくらでもしちゃいます。


中でも、得意な器は、片口だそうですよ。  ↓



c0364500_22520134.jpg


花器もいくつかありました。
石田さんがお願いしたというフローリストの方の花アレンジが
これまたとても好みでした。



c0364500_22503291.jpg


どれも好みで 色々欲しかったけれども、
悩みに悩んで、トップの写真の小鉢を頂きました。

新妻さんに報告できるように、
普段使い、頑張ってみよう!
あ あ あ お料理自信なしだけど😅


ギャラリー石田さんでの作陶展は、6月2日までです。






今日のつぶやき


久しぶりに赤いマニキュアを塗った。 あ 自分でね。
なんとなく 気分が上がるから不思議。



立田野で今シーズン初の 宇治金時氷!



鼻炎の薬は、眠くなってしょうがない^^




by nanako-iro | 2016-05-29 00:00 | pottery&porcelain | Comments(2)

美濃焼祭り

ゴールデンウィーク中の帰省のお楽しみ、
岐阜県の土岐で開催される「美濃焼祭り」へ!
5年ぶりぐらいかな。 楽しみ〜〜〜

主人は親戚の男性チームでゴルフ。
女性チームは焼き物祭りへ。 よい流れです  

よーし ゴルフ代分ぐらい、買ったる!!!


ゴールデンウィーク中は、有田焼きや益子焼きなど、全国各地で焼き物祭りが
行われているようですが、美濃焼祭りも盛大です。
朝9時には現地入りしたつもりですが、すでに大混雑。


c0364500_22153539.jpg
皆さん、お目当てのものがあるのかな~?


c0364500_22164273.jpg


美濃焼といえば、織部でしょうか?
この織部グリーン 料理が映えるいい色ですね。



c0364500_22172439.jpg

こちらの ぎやまん陶の器は、
数年前から 美濃焼を代表する器として大人気。
テーブルウェアフェスティバルでも沢山出ていました。
ガラスのような漆のような そんな光沢があります。


c0364500_22213324.jpg

若手作家さんのクラフト作品も、いろいろありました。
カップ&ソーサーやマグの類は、若い女子たちにも大人気。


c0364500_22233657.jpg

左の写真 ブルーのカップを 主人用のお土産といって、親戚が購入してくれましたよ。
真ん中の写真 三島模様のカップは私好み。
右の写真 縁のところに釉薬がこぼれる感じ、いいね、いいね。

しかし、カップ&ソーサーは、もう増やせない^^


モダンな箸置きがありました。


c0364500_22271973.jpg

このお皿の花の絵がすごく好みでした。
でも、1枚しかなくて残念。



c0364500_22284864.jpg


手描きなのかな? このマーブル模様は、釉薬のかけ方なのかな?
すごく繊細な器もありました。 めちゃくちゃ綺麗。
お値段もそれなり~



c0364500_22303309.jpg



こちらのブースは、 ド ストライク!!!
5センチほどのミニミニ一輪挿しです。 
この中から3つ選んで、にんまり♥



c0364500_22333859.jpg


この壺、ジャスト1万円でした。
ゴツゴツした感じがなかなか素敵で少し悩みましたが、今回は見送り。


c0364500_22363071.jpg


モダンなお茶セット、
セットと思えば、わりとお手頃価格かも。




c0364500_22391845.jpg


美濃焼祭りではありますが、
少々テイストの違う焼き物やクラフト雑貨、漆器や木工製品なども沢山あり、
全部見てまわっていたら、1日じゃ終わらない。


c0364500_22415831.jpg


こちらは、倉庫のような場所に眠る漆器類。
合羽橋の規模を軽く超えまっせー



c0364500_22433874.jpg


オリーブやアカシアの木を使ったボードは、
あちこちで見かけましたよ。
流行っているみたいです~




c0364500_22452521.jpg

お昼休憩含めて、6時間ぐらいいたかしらん♪
よいお買いものができました。



あー どうしてこうも器巡りが楽しいのだろう?
しかし、毎度のことながら我が家の食器棚収納キャパ、ギリです。  
少し考えて、工夫しないと 美しい収納が出来ないわ。
あれとあれは、処分かな 笑


また 来年行かれるかな~?
運転くださったH様、本当にありがとうございます !!!





今日のつぶやき



ドウダンツツジ 1本500円 
芍薬  1本100円 (1本オマケもしてくれた)
近所の花やさん センスはないけど ともかく安い!



冷蔵庫の中の製氷機にカビを発見
やばっ 



ファーストクラスにスウィートルームかぁ・・・
どうりで税金が高いわけだ!







買い物は・・・
by nanako-iro | 2016-05-10 00:00 | pottery&porcelain | Comments(8)

有田焼の器

九州で買った器シリーズ?   シリーズにするほど買ってませんけど。
今回は 有田焼。


これは、そば猪口かな。 
いや、正確にはそば猪口にしては、ひとまわり小さい。

c0364500_21590552.jpg

私の好きな瓔珞文様です。 
どういうわけか、私はこの瓔珞柄に惹かれるものがあるのです。
和の柄だけれども、どこかオリエンタルな印象で。
シャンデリアみたい。


c0364500_22001498.jpg
有田の染付は、
とてもポピュラーだし、デパートなどで購入できることもあり、
どうせならば、骨董のものがいいなと、特に買いもの予定もなかったのですが、
出会っちゃったんだな、瓔珞文様。
私、そば猪口大好きだし。

サイズも小さいので、小さな前菜を盛り付けたり、一口スープみたいなものを
入れたりしたいと思っています。


c0364500_22075960.jpg
長芋とカニカマの麹ポン酢あえ。

うしろの器も、有田焼です。
これは、独身のときに近所の有田焼専門店で購入したもの。
思いで深い器でもあります。



さて、
もうひとつ今回の九州旅で買った有田焼。


c0364500_22132404.jpg
有田ポーセリンラボのものです。
真っ白の下地に古典柄がちりばめられて、モダンなのにクラッシック  
キュンときちゃったの。


c0364500_22144955.jpg
聞けば、俳優の伊勢谷友介率いるグループと有田ポーセリンラボのコラボものらしい。
へぇ~ 


有田焼きの窯元の中では、異彩を放つ 有田ポーセリンラボ。
著名な人とのコラボレーションで 有田焼とは思えぬ斬新なデザインの器があって
おもしろかったです。



最近は、土ものの焼き物のほうが興味あるけれど、
改めて、有田焼もいいな♥
って思います。






今日のつぶやき

今日は新学期のスタート、入学式を行った学校も多かったようですね。
最寄駅にも、定期券の新規購入に長い列ができていました。
着慣れない制服姿の子供とお母さんのペアも何組も見かけました。
子供の制服よりも、ママたちのスーツファッションをガン見する私。
この日のために、スーツを新調したのかな~
卒業式のときと同じスーツかな~  なんてね 

紺スーツにピンクのコサージュ。
スカート丈が結構長い黒のツイードスーツ。
白いワンピースにパール。
もしかしてシャネル? のスーツに巻き髪のママもいたわ。
さすがに、お着物姿のママは見なかったけれども、
今でも、クラスに一人ぐらいお着物で入学式に参列する人もいるかしら?

私に子供がいたら、
入学式には どんな格好したかな~ 
そうだな、紺かグレーのワンピースに、二連のチョーカーパールなんてどうかな?

なんて、ひとり妄想しちゃった。

晴れやかな記念日に残念なお天気でしたが、
新入生もママも、新生活 頑張って!








 



by nanako-iro | 2016-04-08 00:00 | pottery&porcelain | Comments(8)

おうちで寿司ランチ

九州旅行でお買いものした器シリーズ?
今回は、こちらです。


余宮隆さんの 鉢。


c0364500_18252126.jpg


天草の朝虹窯にて、アウトレットコーナーからチョイス 
刷毛目のムラがとても綺麗です。

大きさはラーメン鉢のサイズ。
この器でひとりラーメンもいいかも♪



先日の友人とのランチでは、
アスパラとクリームチーズと生ハムと大量カイワレをおかかと出汁醤油であえて、
和風サラダにして盛り付けました。

さすがに、ラーメンでおもてなしってわけにはいかず。


c0364500_14430700.jpg




メインは、私のリクエストで友人に買ってきてもらった1300円のお寿司を!
お魚屋さんのお寿司だから、とても美味しいの。



お寿司にあうように、簡単メニューを考えてのおもてなし。 


c0364500_18572772.jpg




相変わらずのインスタントランチだけれど、
器♥♥♥ が主役なので、私の場合^^
許してちょ。





 

  





今日のつぶやき



東京の桜開花予想がまた変わり、18日ですって。
それって、今週末じゃない? マジかー



夫の持ち帰るビニ傘が増える。  
もー   折り畳み傘 会社にあるでしょう ???



オリラジ
perfect human うん  おもしろい。
by nanako-iro | 2016-03-15 00:00 | pottery&porcelain | Comments(14)

九州旅行 ~唐津~

九州 器の里を巡る旅、ハイライトは唐津です。
博多から1時間強のドライブ。

まずは、駅近くのギャラリー一番館という店舗に入って、どんな焼き物があるのかをチェック!
お店の方に丁寧に色々教えて頂き
助かりました。

まず、目にとびこんできたのが、
矢野直人さんの作品。


c0364500_21591479.jpg
この少し青みがかった釉薬がこぼれるような色が特徴のもの。
朝鮮唐津と呼ぶそうです。


c0364500_22010216.jpg
鉄のような風合いのしぶい色、
研ぎ澄まされた佇まい、いいですね~  めちゃ、タイプ。
矢野さんの窯元へ行ってみよう!

ご自宅兼、窯元らしいので、
一応アポとって、殿山窯へ。

c0364500_22061894.jpg
展示会前でお忙しい中、
私たちのために、わざわざ窯の説明までして下さったナイスガイ。

ギャラリーにもご案内くださり

c0364500_22084427.jpg
作品を眺めさせてもらいました。

c0364500_22091526.jpg
朝鮮唐津 絵唐津 黒唐津
それぞれにとても魅力的でした。

この壺なんて、美術品ですよ。

c0364500_22124134.jpg
あぁぁぁぁ  壺が欲しい。
壺がそこにあるだけで、空間が独特にキマってくれるもの♥
壺貯金 始めないとだわぁ。


昨年末に新しく作られたという窯も拝見。

c0364500_22143784.jpg


先日の大雪のときも、
この窯で作品を焼き続けたのだそうです。

今回はお買いものはできませんでしたが、とても魅力的な唐津焼きを作陶される方。
矢野直人さん しっかりお名前覚えました!!!


続いて、唐津といえば、中里ファミリー
その中から中里隆さんの隆太窯へ。


c0364500_22235397.jpg
ちょうどセールのイベントをしていた様子でしたが、
人が多くて写真が撮れませんでした。

この1枚だけ。

c0364500_22245186.jpg
ぐい呑み 御猪口を主人が探していたのですが、
ご縁なく。

ここはさらっと退散。



続いて、
友人からの強いススメもあった 藤の木土兵さんの窯元  土兵窯へ。


c0364500_22191956.jpg
かなり山奥にありました。 
途中 嵐のような雨に合い、山道の運転が不安になるほど・・・


ご本人もいらして、少し雨が弱くなるまで長居させてもらいました。

c0364500_22214856.jpg

わぁ~  さすがにスンバラシイ作品のオンパレード。
この大皿のカッコいい事!


c0364500_22271713.jpg
酒器の数々には、主人が興味津々。
お猪口も沢山ありました。

c0364500_22275962.jpg
この色は、朝鮮唐津ですね。


c0364500_22284461.jpg
 
この形、使いやすいだろうなぁ~ 欲しいなぁ~と思いつつも、
私にはちょっと手が出ぬお値段でして(-_-;)

土兵さんにお茶を点てて頂きましたよ。

c0364500_22302835.jpg
結構なお点前でございました。


色々迷いましたが、
主人がここで朝鮮唐津のお猪口を購入。

嬉しそうです。   私も嬉しい  笑




およよ 3つ窯元をまわったところで17時前。

もう窯元巡りをする時間がなかったので
少し急いで街中へ戻ったところ
素敵なお店を見つけました。


c0364500_22342872.jpg
大杉皿屋窯というところです。

ここの商品?作品は、私にも手が出せるお値段で、品のいい唐津焼きが購入できます。


c0364500_22380955.jpg

草花などの絵がささっと描かれた絵唐津か、
三島文様の入った三島唐津の優しいイメージのお皿が欲しかったのです。
おぉ いい いい。

c0364500_22385840.jpg
このお店で各皿を4枚買いました。
わりとお手頃値段でね♪


c0364500_22420966.jpg
カップ&ソーサーも 地味だけれども優しい感じで女性好みすると思う。

デミタスもあって、かわいかったわー   
1客だけ買いそうになったけれど、ぐっと我慢。


午前中から行っていれば、(前日飲みすぎで起きたら10時だったのよ)
もう少し窯元巡りできたかな~
人気の中里花子さんとか岡晋吾さんとか、見たかったーーー


東京の展示会を楽しみに!




次の記事は、阿蘇です。
再び、熊本方面へ~







今日のつぶやき


今週は、寒い!


わーい アネモネ買えたよー
湯布院の古美術屋さんで見つけた籠に、いけてみよう。


はぁ 早く旅行記終えたい^^

















by nanako-iro | 2016-02-25 00:00 | pottery&porcelain | Comments(8)

九州旅行  ~有田~

長崎から福岡へ向かいます。
道中、魅惑の器の聖地が待っているのです!

旅行前、
私の「器巡り」に主人がどれだけ付き合ってくれるか、実はすごーく不安でした。
運転するのも彼ひとりだし、
「もう いい加減にしてくれ」といつ言われるか内心ドキドキ。
唐津にはどうしても行きたいと話しておいたのですが、
有田 伊万里 波佐見・・・  唐津のそばにも器の聖地がたくさん。
一応 福岡方面へ出発する前に主人に聞いてみたところ
「九州に来て、 有田にはふつう行くんじゃないの?」と意外な答えが。

やっほー

有田は下調べゼロでしたけれども、
ひとまず、駅の住所をナビにインプットして GO!


c0364500_21370844.jpg
有田駅と北有田駅の間に、
器屋さんが並びます。

ただ、有田焼のものは、東京にも沢山お店があるし、
このての器は、古いもののほうが好みなので、
特別、訪れたい窯元もなく。


なんちゃら衛門の窯元も深川製磁もスルー。


勉強のため?   柿右衛門を訪れてみましたが、
写真撮影NGだし、売り物も半端ないお値段で 早々退散。


c0364500_21412303.jpg
季節がら、
お雛様のプレートをよく見かけました。


c0364500_21434731.jpg
お店をのぞいてゆく中、
おや こちらはちょっとモダンデザインな有田焼き! と思って入ったお店、
有田ポーセリンラボ


c0364500_21453376.jpg
伊勢丹でよく見る器が並んでいます。
確か、テーブルウェアフェスティバルにも出店があったような~
著名な方とのコラボ商品で知られたメーカーさんですね。

c0364500_21472970.jpg
そば猪口と小皿のセット、かわいいな。
でも、お料理のイメージがわかないかなー


お こちらもおもしろい。



c0364500_21482089.jpg
このシリーズは、
なんと俳優の伊勢谷友介の立ち上げたグループ?とのコラボレーションらしい。

白い器に、日本古来の伝統文様などが描かれて なかなか洒落てる~
やはり、伊勢丹で期間限定販売されていたものらしいです。

中皿を1枚買うことに決めました。


店内を見ていると、奥がアウトレットなのでどうぞ!と促され
覗いてみました。


c0364500_21515667.jpg
ほとんどのものが 半額。
ここから 普段使いできる小鉢をゲット。



その後は場所を少し移動して、大型店舗の並ぶ場所へ。
そろそろ飽きてきた主人の目を盗み、小さなそば猪口をお買いもの。
お買いものした品は、旅行記終了後まとめて紹介の予定です。


昔ながらの染付を中心とした有田焼きにまざって、
近頃は色ものの器、また著名人とのコラボレーション器が増えてきているようです。
こちらは、クニエダヤスエさんプロデュースのもの。
骨董風な絵付けで素敵でしたよ。

c0364500_21564916.jpg

有田の最後は、カフェでカレーを。
「有田 焼きカレー」  駅弁にもなるほど、人気なのだそう。


c0364500_22001998.jpg

そのままオーブンに入れることができる 有田焼の器で出てきました。
この焼きカレー  マジ 美味しかったーーー


コーヒーもここでは、有田焼のカップで。

c0364500_22000175.jpg

いいですね~


あ だめだめ。   
カップ&ソーサーは、もうしまう場所がありません 我が家。


有田の先に伊万里があります。
しかし、ここでタイムアップ。  主人のご機嫌もこれが限界。

波佐見と伊万里は 行かれませんでした^^




で、博多に到着。
こちらに3泊しますが、
知人に会ったり、会社訪問の約束があったりと、結構忙しく観光はほとんどしていません。




次の記事は、
一応  博多グルメ? かな。






今日のつぶやき


文枝の不倫疑惑・・・ またよくわからん人物が登場してきたぞ。


BS朝日で福留アナがナビゲーターの「ニッポン焼き物紀行」という番組を見た。
いいなぁ あんな番組のレポーターやってみたい  笑


私もいくらか預けている
ゆうちょの金利   0.001% に引き下げって、ほぼゼロじゃん!
それって、金利っていうのか?











by nanako-iro | 2016-02-23 00:00 | pottery&porcelain | Comments(4)

九州旅行 ~天草で器さがし~

天草に行った目的のひとつが、
前記事の「五足のくつ」に宿泊すること。
もうひとつの目的が 天草の作家さんの器を見ること でした。

まずは 天草を代表する人気作家さん
余宮隆さんの窯  朝虹窯へ。


c0364500_20362721.jpg
ご本人は不在で残念でしたが、
東京などの個展では、行列ができるほどの超人気作家さんの作品が
沢山並んでおり、ワタクシ 興奮します。

c0364500_20391322.jpg
余宮さんのお急須は、
私もひとつ持っていますが、小ぶりで実に使いやすい。
キレもいいし、ほっこりお茶タイムに最高。

c0364500_20402669.jpg
器を触った感触もいいな。
刷毛目のムラがいい感じ~


c0364500_20414920.jpg
花瓶か壺が欲しかったのですが、
ちょうどいいサイズのものがなく、壺にいたっては素敵すぎて、
私なんぞ、手を出してはいけない代物。  笑




c0364500_20440006.jpg

ね  スーパー 格好いいでしょう?
机の下にも、オ壺サマたちがゴロゴロいます。


c0364500_20460578.jpg
旅の記念にひとつ!  
というわけにもいかず(予算的にもね) 
壺は諦めました。

この美しい壺に、ダイナミックに枝ものなどで生け花の投げ入れできたら、
さぞかし、素敵だろうなぁ と妄想しながら。


お茶を頂きましたよ。

c0364500_20491436.jpg
お買いものは、小さなブーケポットとラーメン鉢になりそうなものを。

(お買いものしたものは、旅行記の最後にまとめて紹介するつもりです。 
  限定公開記事にしたら、怒るよね !?)





続いては、
余宮さんの窯から山を越えてすぐ近くにある  山の口焼 さんへ。



c0364500_20540927.jpg

なんと、こちらのご主人と余宮さんは、小学校からの同級生だとか。
ギャラリーの横で奥様が食堂をされている様子です。
この日はクローズでしたが。

c0364500_20553278.jpg
うわうわ
こちらも、私の好みの器がどっさり~   
棚に置いてある商品、どこから見ようか目が血走るわっ。



c0364500_21002411.jpg
ね ね  いいでしょう?
フォルムもハンドルの感じも、好きーーー

お ペアカップ


c0364500_21012234.jpg

カップ&ソーサーは腐るほど沢山持っているので、見ない様にしていましたが、
その横で 夫がこのカップを甚く気に入り、「俺、これ自分用に買うから!」と。

い い いいですよ  えぇ。  

私は・・・ 

c0364500_21064943.jpg
中央の輪花型のお皿が4枚欲しかったのですが、
数が揃わず、残念。
おなじく輪花型のお茶碗を 2つ購入。

オブジェや花器も、めっちゃくちゃ素敵。
むしろ、こちらの作家さんの仕事としては、この類の花器のほうが個性が出ていて
いいような♪

c0364500_21093978.jpg
壁かけタイプの小さな花器。
アートの世界でしょう?


ついでに、こちらを見てくださいよ。

c0364500_21103948.jpg

ド ストライク キタ  !!!

実はこちらの作家さんを訪れた切っ掛けは、この花器なのです。

東京のとあるお店で この花器の色違いを見つけて、いてもたってもいられずに購入。
しかも、わりとリーズナボー♪
こんなテイスト 大好きなの。
ほら、 我が家の自慢の(!)絵画とテイストが似ていません? ←わかる人にはわかると思うのだけど。
店主さんに聞けば、天草の作家さんのものだと言うので、
これを作っている人を探して、この山の口焼さんへ辿りついたというわけ。


器との出会いって、
やっぱり「ご縁」なわけですよ。

アンテナに響く器とは、
いずれまた どこかで何かの機会で結びつく「縁」があるの。
だから、いつも感度良好な状態にしておかないとね。
ま、うちの夫いわく、無理やり結びつけてるだけだろ!  との説もあり。



ともかく、
天草来てよかったー !!!

この山の口焼 さん
東京で個展など、あまりされていない様子なのが残念だけれど、
エキサイトでブログされているみたいなので、
今度こっそりコメントしちゃおう。 笑


最後にナイスな情報をひとつ。

今回 天草で訪れた
余宮さんと山の口焼 の作品 両方の扱いがある
穴場なお店が東京にあります。   コチラ  をどうぞ!


あー 器って素晴らしい。


天草のあとは熊本で1泊、翌日 長崎方面へ。
次の記事は、長崎です~







今日のつぶやき


明日は嵐なの? また?


ニールズヤードのクリームを買いに行くついでに伊勢丹へ。
ぐるっと各階見たけれど、今日は欲しいものがなかった。   よかったー 笑


カイザーでパンを4つ購入。
1624円  美味しいけれど高いなぁ。


by nanako-iro | 2016-02-20 00:00 | pottery&porcelain | Comments(8)