<   2015年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

真鍮インテリアアクセサリー

シルバー製品の美しさにはもちろん惚れ惚れするのですが、
ここ最近は、真鍮ものが好きな私。
古く懐かしい感じがあって、我が家の空間にはシルバーよりも馴染む気がしています。

ヨーロッパのアンティークマーケットや蚤の市で少しづつ集めた真鍮の小物たち。

c0364500_21461971.jpg
中には、用途不明のものもありますが^^

こちらのローズボウルは、お気にいり。
バラを小さく飾れるように網になっていますが、
真鍮とクリスタルガラスのコンビネーションが、和の雰囲気にも見えませんか?

c0364500_21483406.jpg
網の部分がシルバーのローズボウルは、今でもよく見かけます。
でも、シルバーじゃだめなの。   
真鍮だからアンティークらしさがあって素敵なのよー  と思ってマス。


やはり真鍮とクリスタルのコンビネーションのハンドルつきボウルです。
このクリスタルの柄、和柄にもありそうな感じ。

c0364500_21504610.jpg
結構ずしっと重いのですよ。


こちらは、真鍮のオモチャです。
ミニチュアサイズのオモチャも、真鍮だとちょっと大人でしょー

c0364500_21531656.jpg
手前の3つは、中国の七宝焼きピルケース。
かなり昔、香港のアンティークショップで見つけたものです。
それぞれ、持ち手や蓋の縁が真鍮色です。  

このお重タイプのピルケースなんて、
ちゃんと1段1段中身が開くんだから!  感動ものよ♪

c0364500_21554023.jpg
これ、結構高かったのだけれど、見つけた瞬間に
握りしめて離さなかったの、私。

これも、ピルケース。5センチほどの小さなものです。
まぁるくてかわいいの。

c0364500_21574958.jpg
こういうオモチャがすごく多い我が家。
でも、ひとつひとつ色々な場所で見つけて気に入って買ったものだから、
どれも宝物なのです。




最近、よく思うのだけれど・・・
私が死んだら、こういうオモチャってどこ行くのだろう?
お棺に一緒に入れても、燃えないよね? 怒られそうだよね?
今から、このオモチャは誰々に って、遺言書に細かく書いとくかな。 笑
長文すぎて、巻物になりそうな遺言書。
え 貰っても困る?





今日のつぶやき


旧ブログに同じもの載せて記事にしてるわ^^
削除しよっと。


ダイニングの照明に悩んでいます。
外国製のモダンデザインのものにするか、
日本人作家さんのペンダントタイプにするか。
安価で無難なシェードものにするか。


明日は、OL女子と牡蠣三昧のディナー予定♪
夏の岩牡蠣  最高っす。




by nanako-iro | 2015-07-31 00:00 | antique&vintage | Comments(12)

涼しげに。

暑い!
毎日 毎日 なんですか、この暑さ。
エアコンを切ることもできず、付けっぱなしなんですけど、
電気代が怖いったらないわ。
でも、どこのお宅もそんな感じですよね?
エアコンタイマーセットして就寝しても、結局 切れると暑くて目が覚めて
またスイッチオンするわけで、
だったら、付けっぱなしでいいか~ みたいな。

おまけに、なんですか、この湿度。
南国諸島か この国は?
全身の毛穴から、汗がにじみでます。

今日の買い物は、
マフラータイプのアイスノン  
シャツにスプレーする涼感ミスト  
レモンソーダとラムネソーダのアイスキャンディ
氷結サワー 3本
もうね、冷たいものばかり 買ってます。 食べてます。


話は変わりますが、
ダイニングテーブルに、生け花?です。

c0364500_21453678.jpg
ドウダンツツジが、なかなか終わらない    
ちょっと飽きてきたので、剣山おいて生け花スタイルにしてみました。
花器にしているのは、後藤睦さんという木工作家さんのものです。
ただの鉢ではなく、立ち上がり面にワンポイントアクセントがあって気に入っています。


c0364500_21484186.jpg
かれこれひと月ももっているドウダンツツジの枝と、
家にあるキボウシやチャランの葉っぱと白い小花を
いけましたよ。

c0364500_21495973.jpg
縦にしゅっといけても涼しげでいいけれど、
剣山を使えば、横に長くもいけられて、また雰囲気が変わるので
楽しい。

それにしても、
テーブルが少し涼しげになったところで、
この暑さの中、料理意欲がまるでおきない。  ま、暑さ関係なく、もともとあまり意欲ないけどね。

なるべく火を使わないことを第一に。
煮ものも、冷蔵庫に入れて冷たくして食べています。
ほんと、冷奴とか刺身ばかり 食べてる今日このごろよ。

先日は、ウナギ。
近所にウナギの名店があるので、買ってきちゃったぁ。

c0364500_21580151.jpg
翌日のお昼には、
冷や汁風 そうめん。

c0364500_21590179.jpg
氷入れて、タレまで全部飲み干します。
胡瓜とミョウガと大葉と生姜と味噌とすりゴマとカツオだしベースの冷や汁。
私はご飯にかけるより、こうしてお素麺で食べる方が好き。
梅干しのっけてね。


今日、ラジオで 「冷やしカレー」というものを紹介していた。
スープカレーなんですって。  冷やしラーメンも気になるわ。
作ってみようかな?



ふぅ
本日のブログアップ終了 
よっしゃー レモンソーダアイス 食べよっと。  
いぇーい 006.gif




今日のつぶやき


東京音頭 どこかからうっすら聞こえてくる。
近くでお祭りやってるのかな?
東京音頭を聞くと、妙にテンション上がるヤクルトファンです♪


お気に入りの柔軟剤が売ってなくて、レノアにした。
だめだ 匂いが甘すぎる。   


リフォーム ショールーム巡り。
キッチンもバスルームも、こだわり始めると
パーツひとつひとつ 全部 オプションよぉー
タオルハンガーも、引き出しの取っ手も、おふろの蓋も 種類がありすぎる。
あれも妥協 これも妥協    これが悲しい現実。











by nanako-iro | 2015-07-29 00:00 | flower&green | Comments(10)

かいせき井中居

夏のある日、
青梅にある 懐石料理「井中居」に行ってきました。
東京も少し郊外へ行くと、緑あふれる素敵な場所があるものですね~

c0364500_19552438.jpg
竹林をぬけて敷地内へ。
あぁ 竹の美しいこと!   気持ちいい~~


c0364500_19563824.jpg

明治初期に建てられたお屋敷を改築しお食事処にしたそうです。
1階は しつらえの場ということで、ギャラリーになっています。

c0364500_20220962.jpg

このところ流行の和モダン建築やインテリアもいいですが、
昔ながらのこうした和の空間、やはり落ち着きます。



c0364500_20001712.jpg


華美な装飾のない家具、花のあしらいも、とっても好み。
うっとり眺めてしまいます。

c0364500_20040202.jpg
お座敷には、大きなテーブルもあり、
明治の頃、ここでどんな暮らしをされていたのかな?
などと思い巡らせ、しばしの時間旅行。

c0364500_20271375.jpg

1階ギャラリーの器が、めちゃくちゃ気になりましたが、
あとのお楽しみ。
お食事は2階で頂きます。


ランチコースの中ぐらいのお値段のもの(笑)をオーダー。
メニューも、美しいでしょう?

c0364500_20071384.jpg

すだちの食前酒を少し頂いて、前菜です!


c0364500_20082142.jpg
竹筒に3人分盛り合わせてサーブされました。
感激!   こうした演出、プレゼンテーション、やっぱり日本は特別ですね★

青梅なので、秋川渓谷も近い。
ということで、待ってました  鮎の塩焼き。

c0364500_20105688.jpg
その後のお料理も、器、盛り付け、もちろんお味も楽しませてもらいました。
ほおずきの中には、卵の黄身の味噌漬け。 美味しい~~~  
我慢できなくて、ワインのあとに冷酒も頂いちゃった♪

c0364500_20135463.jpg
しめは、氷の上にのった冷たい稲庭うどんでした。
薬味がまたまた竹筒にのってきます。
ゴマダレは、とても品よくうす味でした。

c0364500_20155471.jpg
デザートは、
トマトのコンポートとブルーベリーのシャーベット。

c0364500_20170972.jpg
ラストはお抹茶♥
あぁぁ   全部美味しかったー。  目も舌も、堪能です。



さーて
お料理を堪能したあとは、
お待ちかね、1階のギャラリーをのぞきます。

た た た  大変!!!

好きな作家さんのオンパレード。

c0364500_20293871.jpg
右は、先日 私が展覧会初日に出かけて30秒で購入を決めた 村上躍さんのお急須。
左は、青木良太さんの作品。
他にも、安藤雅信さんのピューター皿もあるし、三谷さんの木工や花岡さんのものも~

興奮。

c0364500_20321765.jpg
どうする どうする?
これもご縁、何かひとつ小さいの買っちゃう?
と、ひとり血走ってる傍らで、
母がうさぎの彫りの入った木板もさっさと購入してるし・・・
c0364500_20325980.jpg

結局、青木良太さんの小さなボウルをひとつ購入しました、わたし。


嬉しいな♪



駐車場の横に、地元の野菜が並んでいましたよ。

c0364500_20372665.jpg
トマトは200円、茄子もオクラもインゲンも安い!
キャッキャ 言いながらこれも購入。


車でないと行かれそうもない場所ですが、
すごくよかったー。
どうやら、近隣に系列店がいくつかあるみたいなので、
また出掛けてみたいと思います。




今日のつぶやき


近所の鰻屋さん 長蛇の列。


今日は、プチ同窓会
ちっこい子が5人も集合しますよぉ。


来月から
リフォームする家とこの家と、ダブルで光熱費を払うことに。
大変だっ。  節約の日々は続く・・・
器は買うけどね。
生活費は削るわよ。 トイレットペーパーも香りなしの安いやつ。






More
by nanako-iro | 2015-07-24 00:00 | food | Comments(13)

染付骨董皿

オランダのアンティークマーケットで出会ったブルー&ホワイトのお皿。
5枚セットでそのうちの1枚に小さな欠けがありましたが、結構なお値段!
でも、すご~く気に入ったので 少し安くしてもらった上で思い切って購入したものです。
デルフト焼きの様でもありますが、中国の古いものだと聞きました。
まぁ デルフトの絵付けも、中国の青花 日本の染付などから大きな影響を受けていますもんね~
c0364500_21232817.jpg
ハンドペイントなので、
1枚1枚 微妙に文様や色合いが異なります。
よく見ると、とても繊細ですよ。
縁の鱗は、ロイヤルコペンハーゲンの絵付けのようでもあり。

c0364500_21292511.jpg
こうした和洋ミックスのデザイン   大好物♥


とくに今の季節、青と白のお皿は、涼しげなテーブル演出ができて気分がいいわ。
簡単にテーブルセットをしてみました。

c0364500_21365590.jpg
矢絣の帯ランナーにあわせて。
この箸置き、300円なんですけどいい仕事しているでしょう?   


c0364500_21383648.jpg


夜は、買ってきたお寿司(奮発して特上にぎりよ!)と冷酒で主人と晩酌。

c0364500_21423247.jpg
染付器には、ねりものを。

c0364500_21440407.jpg

小ぶりな器なので、お茶菓子のせてもいいかもね。
抹茶の水羊羹とミニ月餅をコーヒーと一緒に。

c0364500_21451939.jpg


おまけ

和室も、夏らしく青でコーデ。
お皿を飾ってみました。


c0364500_21480642.jpg


今度は、がらっとシーンを変えて、
この器を洋風に使ってみたいな~
テリーヌとか、ケーキをのせてみよっと。





今日のつぶやき


夫と私の エアコン設定温度、違いすぎー
これ、一生続く悩みだわ^^


自由が丘にある花屋さんに行ったら、
元テレ朝のアナウンサーが転職して、店員さんしてた!
かわいかったー


伊勢丹でバーゲン物色。 
テーブルナプキンを買っただけ。
節約 節約。  



by nanako-iro | 2015-07-21 00:00 | pottery&porcelain | Comments(12)

小さなアート

絵心はまるでないし、
美術鑑賞もさほど興味がない。 
けれども、インテリアとしてのアートには、ものすごーく執着します、わたし。

美術館にでかけても、
私の視点は 「この絵をこのシチュエーションで飾ったら素敵だろうな」などと
インテリアを中心に妄想しながら観ています。

だからかしら?
宗教画的なきらびやかな画にはあまり感じるものがなく、
楚々とした花一輪の水彩画のほうが、私にはずっと魅力的に映る。
繊細なテイストの絵だったり、ときに大胆でモダンな抽象画、
それからフレームの美しいものにも惹かれるわ。

一面コンクリート打ちの壁に、横長のこの絵の配色、絶対映えるな~
大きな窓の横の小さなコーナーに、この二つの絵を斜めに飾りたいな~
漆喰の白い壁に、このポスターを飾ったら、モダンだわ~
玄関脇のニッチに上からダウンライト当てて、花の絵を1枚さりげなく~

なーんて感じで。

部屋に自分好みの絵を飾るって、すごく気分がいいものですよね♪



そういえば、我が家にある小さなアートを
友人の部屋のインテリアを少しマネてランダムに飾ってみましたよ。

c0364500_21391410.jpg

高価なものは、ひとつもないの。 笑

旅先の思いでとして購入した小さな風景画。
アンティークショップで見つけたボタニカルアート。
刺繍作品もあります。

c0364500_21415685.jpg
私はブルーグレーという色が好きなので、
なんとなく似たような色めのアートが多いかな。

本当は、フレームの素材を統一したり、画を同じテイストのもので揃えたりすると、
美しく飾れると思うのだけれど、
そこまで拘れなかった・・・^^;

こうした小さなアートは、
玄関、トイレにキッチン、あちこちにちょこちょこ飾るよりも、
こうしてまとめて壁にランダムに飾るほうが落ち着く気がするわ。


ただ、最近は
和 和 和 なもので、
「掛け軸」や「屏風」や「書」のほうが気になっています・・・






今日のつぶやき


海街ダイアリー 観てきました。
ストーリーどうこうよりも、
綾瀬はるかの美肌と長澤まさみの美脚とすずちゃんの尋常じゃないかわいさに悩殺された
2時間!!!


最寄のバス停、蚊が多すぎる。


明日、バーゲンをのぞく予定。
買わない、買わないわよ、見るだけ、見るだけなんだから。 ほんとよーーー
・・・ の予定でしたが、天気悪くて体調も悪くて、キャンセル― 042.gif


by nanako-iro | 2015-07-16 00:00 | home | Comments(12)

酸っぱい味が好き。

私、酸っぱい味のものが好き。
子供の頃、好きなドレッシングは、お皿を傾けて飲んじゃってたし 笑
ところてんの汁も、残さない。
ぬか漬けは、しっかり漬かった古漬けを細かく刻んだものが好みで、
梅干しの種を、いつまでもいつまでも口に入れていたし、
遠足のおやつに、都こんぶは欠かさなかった。

「1番好きな調味料は何?」と聞かれたら、
「ポン酢」って即答します。 黒酢も捨てがたいけどね。 
 

調味料においても、
お酢やビネガー系のこだわり?は、人より強い方だと思うわ。

c0364500_22594102.jpg
だいだいポン酢は、広島のアンテナショップで買ったもの。
柚子ポン酢より、だいだいポン酢の方が好みです。

バルサミコは、白と赤と。 どちらも LEONARDIの熟成もの。
バルサミコは、熟成されたものだと、ぐんと甘くなりコクが出てきます。
このバルサミコは、10年リピートしている大のお気に入りで、日本でも購入可。

シェリービネガーは、東京で見つけたものですが、
クルミやナッツのサラダや温野菜サラダに相性抜群。

煮ものや中華スープに、黒酢はマスト!


梅は、2種類。   冷蔵庫から出してきたばかりで、ガラスがくもっちゃった。
右は、紀州のはちみつ梅。  塩分少なめの甘いほうが好き。
左は、梅酒づけの青梅。
どちらも、大好物。 冷蔵庫開けるたびに、ひとつ食べちゃうほどの好物。


c0364500_23045975.jpg

帰国して、スーパーに並ぶ ドレッシングの数々を見て久々に興奮。



c0364500_2334016.jpg



北野エースって、わかりますか?
あそこのドレッシングの品ぞろえには、いつも感心しちゃいます。

中でも、
1番はまっているドレッシング。


ピエトロは、昔から好きなんだけれど、
この麹と黒酢のオリーブオイルドレッシング、すごく美味しい。

さらっとしたクセのないドレッシングで
和洋どちらのサラダにも合う。

同じメーカーの 麹とオリーブオイルというものがあるけれど、
この黒酢のほうが、断然美味しいよー♪   



こちらは、お酢のドリンク。


c0364500_2336454.jpg




高島屋にある oaks heart のお酢。

沢山あるフレーバーの中から、
今回は ちょっとお値段するけれど、ブランデー風味のお酢をチョイス。
(アルコールは入っていません)

お水で割って飲むのですが、
なんとも贅沢な夏ドリンクです。
最高に美味しい。

季節によって、フレーバーがどんどん変わるので、
毎回、高島屋に行くときのお楽しみです。
(次は、マンゴー買うんだ♪)




今日は、大好きなタコにミョウガと大葉沢山散らして、
だいだいポン酢と白バルサミコを少々かけて頂きました★


c0364500_23250548.jpg



あ 酸っぱい料理も大好きですが、(トムヤムクンとか酸辣湯とかザワークラウトにピクルスも)
酢豚だけは、いまひとつ。   あのパイナップル、いらない派です・・・

お酢の効能、
昔から色々言われますが、
簡単に言うと、内臓機能全般の働きを高めてくれるため、体にいいのだそう。
内臓脂肪を燃やし、血圧を下げ、便秘を改善、美肌にもつながって、
がん予防にもなるそうですよ。

この夏も、積極的にとりたいですね。




今日のつぶやき


嫌いな日傘をさして歩くも、
今日の風、傘さす意味ないし~


ドリカムベスト  50曲入りだって。 スゴクない?
やっぱり  買うべきかな?
私のドリカム1番は、うれしい たのしい 大好き!


リフォーム業者、ようやく決まった。
これから 忙しいぞぉー  でも、超楽しみ♪




by nanako-iro | 2015-07-14 00:00 | food | Comments(12)

緑のある部屋

「花」が好きですが、
もしかすると観葉植物の「緑」の方がもっと好きかもしれません。

部屋に観葉植物がひとつ増えたので、それをご紹介。

の 前に~

c0364500_16571807.jpg
ダイニングテーブルに、小さく3つの花飾り。
ガラスの一輪挿しに、野の花のイメージで飾ったつもり。  

c0364500_16593647.jpg
アストランティア   セダム   ビバーナムの実   リキュウソウ


花の国から帰国して、日本はお花が高いからな~
と、肩を落としたけれども、
1輪ずつ好きな花を買えるから、案外お得で自分好みに飾れるかも。
スーパーの片隅にある300円花束を分解して、ベランダにある緑を少し切ったり、
花やさんで枝1本だけ買ってきて、うまく組み合わせれば、何通りも楽しめる♪


花教室に通いたい気持ちもあるけれど、
花器はこれ以上増やせないし、部屋の雰囲気にあった飾り方をしたいし、
何より自分で花を選びたいから、
私は、しばらくこのスタイルでゆこうかな。



さて、新入りの観葉植物は、これです。

c0364500_17101145.jpg
チャラン。
友人たちの中には、「あれ、この緑、前の家にもあったよね~」と覚えている人もいるかもね。
そうなのよ・・・
新婚のときに購入した(かれこれ15年前)チャランがずっと元気で、
駐在中も母が預かってくれていたのですが、
昨年、体調をくずした際に、さすがに緑の管理が出来ず枯らしてしまったらしい。
でも、母のことは責められない。 
まぁ 10年以上楽しませてくれたものだから、寿命だったのかも。
帰国後、なかなか見つけられなかったのですが、
ついに吉祥寺で発見。

やったーーーー!!!!!

c0364500_17160411.jpg
緑の葉が、お茶の葉っぱに似ていることから
チャラン という名がついているそうですよ。

テレビ台の横に3段スタンドと一緒に飾っています。

電化製品などの無機質な家電の横には、緑や自然素材のものがあると、
バランスがいいように思います。  確か、風水的にもよかったような~
私は、緑の他に流木なども置いちゃってるよ 笑

まぁ 好き好きですけどね、
何も置きたくない人もいるでしょうし。
私は、ちょっと飾りすぎの傾向があるので・・・

チャランが増えたので、
他の観葉植物も、移動しました。

リビングと和室の境界線に、エバーフレッシュ。

c0364500_17250050.jpg
これまでエバーフレッシュがあったガラスケースの横に、
ツピダンサス。

c0364500_17255962.jpg
観葉植物って、
いつの時代も、定番があるものだと思っていたけれど、
この世界にも流行ってあるんですよね~
10年前は、パキラ  5年前は、ウンベラータ  そして今は、エバーフレッシュを
本当によく見かけます。
アジアンな雰囲気でいうと、昔はヤシの木、モンステラかセロームばかりだったけれど、
今はこのツピダンサスや葉の長いオーガスタ なども定番なのかな。
逆に昔からの定番観葉植物でもある
ポトスやベンジャミンや幸福の木などは、やや古くさい印象!?

あとは、
色のコンビネーションも大切。
大きな植物が濃い緑だとしたら、小さなもので明るい色の緑(ライムポトスやシダやアジアンタムなど)
を置くことで、部屋の雰囲気が明るくなる気がしています。

そして、
更に大切なのは、鉢!
もうね、鉢次第で全然雰囲気変わるもん。

あーあ 失敗した。
あちらのガーデンセンターは、鉢天国だったの。
素敵な鉢がいくつもいくつも安く売られていた。
無理してでも、引っ越し荷物で持って帰るべきだったわー 涙


ま、日本でじっくりいいもの探します・・・


c0364500_17425126.jpg
リキュウソウ  って かわいい056.gif





今日のつぶやき


スー女か、色々な趣味の女性がいるものです。


朝 あまちゃん の再放送
ついつい見ちゃう。


暗算が苦手すぎて、ヤバイ。
あ 漢字も苦手だった。   
要するに、バカってことか。



by nanako-iro | 2015-07-10 00:00 | flower&green | Comments(6)

HIGASHIーYAMA TOKYO

レストランレポートは苦手なのですが(旅先をのぞく)
すごく素敵な場所でランチしてきたので、ご紹介しますね~
カメラは持って行かなかったので、携帯の画像ですがよろしくです。
HIGASHIーYAMA TOKYO

中目黒にある和食屋さんです。  (駅から10分ぐらいは歩くかな~)

c0364500_19174397.jpg


あの虎ノ門アンダーズホテルも手がけた 緒方慎一郎さんが空間デザイン。

私は2年前に友人の紹介ででかけて以来、2度目。
前回に続いて、今回もランチですが、
夜訪れると、こんな雰囲気なのね~   恰好いい!!!

c0364500_19231964.jpg

                                    *画像は、HPよりお借りしています。

ここ、
まず、入口がわかりずらい。 隠れ家とはこんな場所!?
前を通り過ぎてしまう可能性 大です。    

店内は、1階がバーで2階がダイニングスペース。

c0364500_192595.jpg

                                   *画像は、HPよりお借りしています。



和モダンの洒落た空間でランチコースを頂きました。

前菜がこちら。

c0364500_1922112.jpg


きゃ
ちょこっと盛りのお料理を美しく、白木の器で~  私が大好きなスタイル。
器づかいも、シンプルですがいちいちツボですよ。

その後、
私はメインに、お魚を。    友人はメインにフリットを。
デザートも、好きなものをチョイス。

c0364500_19293086.jpg


デザートとコーヒーは、
階下へ場所をうつし、バーカウンターへ。

c0364500_1931515.jpg


なんだか、写真がアレすぎて申し訳ないけれども、
大人な雰囲気のバーです。
あまりコーヒーの味はしませんでしたが、コーヒー抹茶なるものをお抹茶椀で
頂きました。



緒方さんが建築デザインした
銀座のHIGASHIYA   八雲茶寮    今回の HIGASHIーYAMA TOKYO
そして、アンダーズホテル    に 伺ったので、
あとは、湯布院の山荘無量搭 に行きたいなぁ。  でも、とっても高級なお宿なのよねぇぇ^^^^^

緒方慎一郎さん
彼のつくりあげる 和モダンな空間。
大好きです。


次は、夜 お出かけしてみましょー 
やっぱり、お酒飲みたいしー 069.gif



HIGASHIーYAMA TOKYO 
HPは、コチラ です。






今日のつぶやき


乾かない洗濯物が、こんなにストレスになるとは!


観葉植物、またひとつ増えたよ。
狭い部屋が少しずつジャングル化。


山手線内、対面に座った7人。
今日は誰も携帯をいじっていなかった。 
これって、奇跡。

by nanako-iro | 2015-07-08 00:00 | food | Comments(2)

トリオ

カップ&ソーサー さらにソ―サーよりひとまわり大きなサイズのプレートがついたティーセット
の事を、「トリオ」 と呼ぶそうな。

わたしのコレクション
今回の記事は、トリオ についてです。

c0364500_1474423.jpg


コレクションというほど、持っていませんけどね^^;
収納にも限界があるので、引っ越しで処分したものもあり、この6セットが残りました。

c0364500_1410361.jpg


ほとんどがイギリスのもの。
ロンドン近郊のアンティークマーケットなどで見つけたものです。

17世紀から18世紀にかけて中国からイギリスに伝わったお茶の文化、
19世紀後半のイギリスのティーカップは、このようにトリオとして生産されることが
多かったそうですよ。
イギリスのアフタヌーンティーの習慣にも関係があるようです。
小ぶりのプレートを使って、お菓子やスコーンを取り分けていたのかな。

c0364500_1417538.jpg


イギリス george jone    minton    collingwood    shelley    corlport のもの。
スクエアー型の変形トリオは、 ドイツ の bavaria

ババリア以外は、100年以上経過しているアンティークになると思います。
窯のことなど何も知らず、絵柄や色が好きで安価で購入したものばかりなので、
価値はよくわかりません。

友人からの情報では、コールポートのこのシリーズ(写真 左下)は色バリエーションがあって、
このラベンダー色とグレー色がレア色で高額だとか。  やったー♥  


でも、そんなコールポートよりも個人的にお気に入りのものは、こちら。

c0364500_14291758.jpg


私っぽいでしょー 
このトリオは、10年前にロンドン郊外のアンティークマーケットでひとめ惚れしたものなのです!
ジョージジョーン。 聞いたこともない 笑
調べたら、クレザントマム(菊)というシリーズで、ジャポニズムを意識して描かれた
東洋趣味のトリオ。
結構珍しいらしい。      ネット値段 38000円もするよー    うひひ。


ところで、
このロイヤルアルバートのenchantmentというシリーズのティーセットは、
実家から譲り受けたものなのでたまたまセットで持っているのですが、
これはアンティークでもないし、トリオでもありません。

カップ&ソーサーとケーキ皿を揃えただけ。
ね、プレートのサイズが大きいでしょう?  トリオにつくプレートは、ティープレートと呼ぶみたい。
これは、単なるケーキ皿。

c0364500_14513859.jpg



あらあら?
気が付いちゃいました?   呆れちゃいました?
お茶の先生でもないのに、nanakoさん いったいどんだけカップ持ってるの?

で  す  よ  ね  ~~~

ざっと数えたところでは、60客ぐらい。   お湯呑やティーボウルはのぞく。 
でもね、某友人が 「意外と少ないですねぇ~  私 もっと持ってるかも!」 と。  
はい、上には上が。   類友です。


あたくし、人と同じものを持つことが嫌い。 嫌いというかつまらないと思うの。
もちろん、素敵に使っている方の小物や器を見て、これ 欲しいな、と刺激されることはよくあるけれども
あの人もこの人も持っている どこかの高級ブランドのティーセットをずら~っと持ってるよりも、
こうして1客1客 色々な場所で見つけて、 自分好みのものを集めたコレクションのほうが、自分自身 気分がいい。
(ちなみに、ヘレンドは唯一の嫁入り道具ですんで ← つっこまれる前に白状)
ティーセットに限らず、器選びも同じく。 ファッションもそうかな。
どんなに高級な食器を並べた美しいものだとしても、個性の感じられないテーブルは少しも魅力を感じない。
その点、西洋アンティークや骨董のものは、人とかぶることが少ないし、使い方もオリジナルで無限大だと
思うから、はまっちゃうのよねー^^

とーかなんとか なーんだかんだ言っちゃって、
処分しては新しいものに出会い、好みも変わり、失敗もして、でも時にラッキーなこともあり、
見つけては買い 見つけては買いを繰り返す。
気が付けば、処分をしても結構な数。
これじゃ アクロバット収納になるわけだ!
地震国 日本    怖い 怖い。

普段はガラスケースにしまっちゃって、
あまり使用することがないトリオたち。
器は使ってこそ!価値があるものだと思うので、またお茶パーティー?でもしましょう。




今日のつぶやき



なでしこの勝利は嬉しいけれど、錦織君の2回戦棄権が残念すぎる!



アクセス数が3ケタになってきた。  ちょっと怖い。
あ  芸能ネタ書いたからだな^^


もー このままだと夏休みとれないじゃん、夫ぉぉー  なんとかしてくれい。
そういえば 最近 夫婦の会話が少ない。

by nanako-iro | 2015-07-03 00:00 | pottery&porcelain | Comments(17)

おうちランチとブルーベリーのその後

なんとなんと、
ブルーベリーの枝は、実をつけたまま
3週間以上もってくれました。
おうちランチは、もう2週間前ですが、
この日も花器を変えて、テーブルにどーん。

c0364500_11030607.jpg
友人との2人ランチでしたから、
ごくごくシンプルにテーブルセットして、
ごくごくシンプル(いつもの手抜き)なランチです。
おつまみ前菜?とサラダ蕪と帆立とグレープフルーツにだいだい醤油のドレッシング
氷川丸ドライカレー 笑
スウィーツおもたせ ありがとう♪

c0364500_11043639.jpg
ブルーベリー
このランチのあと、少し小ぶりにカットしてやや小さなピッチャーに移し、

c0364500_11091462.jpg
そして、最終的には、こんな感じ。

c0364500_11111952.jpg
堪能しました。
実もの 枝もの 葉っぱもの?  大好き。
花がなくてもいいぐらい。


冷抹茶たてて、夏のおひとり様 お茶タイムっす。
白玉ぜんざいと。

c0364500_11131976.jpg
おいちぃ 011.gif 011.gif 011.gif




今日のつぶやき

社宅の前に建築中の一軒家がほぼ完成。
縦に長ーい3階建ての白いおうち。  
けれども 近頃 平屋が気になる中年夫婦です。



7月だ  そろそろバーゲン始まるねぇ
あれとこれを狙ってます。


あぁ 室内干しか やだな。



by nanako-iro | 2015-07-01 00:00 | table decoration | Comments(6)