<   2015年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

秋の気分でお茶しましょう。

ランチの翌日は、
また別の友人がお茶しにやってきました。

甘いものを並べて、今度はお茶の準備です。

c0364500_18374003.jpg
テーブルは、器もお花もランチと一緒ですが、
お茶仕様にマイナーチェンジしてみたの。

c0364500_18414700.jpg



お天気悪くて暗かったので、キャンドルも灯そうかな。


c0364500_18400248.jpg

今回並べてみて気が付いたのだけれど、
漆とガラス、シルバー食器って、すごく相性がいいわ。
お互いがお互いを引き立てる相乗効果があるようです。

higashiyaのお菓子に、友人からの頂き物の紫蘇のお団子などを
フォトジェニックに並べるのだー

c0364500_18463069.jpg
和のお茶タイム   楽しいな。




ところで、
友人から頂いた 茨城銘菓のこちらのお菓子。
おはぎみたいに見えますが、赤紫蘇の葉です。
梅風味の白餡が求肥と紫蘇で包まれています。
茨城県民だったら、絶対知ってるお菓子なんですって。

c0364500_18503977.jpg
ちょっぴり甘辛テイストで、初めてのお味でした。
コーヒーや紅茶より、日本茶や中国茶が合いそう。

ご馳走さま。






今日のつぶやき


梅雨みたい。 涼しい超えて、寒いぞ。


タオル類
今あるものは全部捨てて、買い替えようかな~
真っ白 ふんわり 気持ちのいいものに。


外食予定がキャンセルに。
もー 家でボルドーの高級ワイン、飲んだる!














by nanako-iro | 2015-08-31 00:00 | table decoration | Comments(6)

漆器でおうちランチ

今週はすっかり涼しくなっちゃって・・・
夜なんぞ、セミの声にかぶる様に鈴虫が鳴いていますよぉ。

猛暑はごめんだけれど、
もう夏が終わるかと思うと、急に切なくなったりしてね。
勝手だわ^^:

そんななか
とても久しぶりに、
我が家に友人を招くことになり、
とても久しぶりに、
花屋さんでお花を買って、
とても久しぶりに、
少しだけお料理する気にもなり、
とても久しぶりに、
大好きなテーブルコーディネートに興じました~~~ ♪

c0364500_22161059.jpg

吾亦紅とキイチゴの葉で
イメージは、夏を惜しみつつの秋の気配   って感じかな。


c0364500_22174762.jpg
漆の器を使って、なんとなく和のイメージでコーディネートしてみたの。
得意の 「お椀の蓋をお皿に」バージョン。 笑

丸盆を2段スタンドにのせたり、 リモージュのプレートにあわせたり、
遊んじゃいます。

c0364500_22210106.jpg
お料理は、適当に。
私の頭の中は、まずは器、その後にお料理。
使いたい器を先に用意して、それから器に合うお料理を考えるという順番。
(毎日の食事は、違うけど)

c0364500_22255264.jpg

湯葉のコンソメジュレソース  チーズととんぶりのカナッペ  冬瓜と豚バラの中華スープ
牛しゃぶサラダ  あなご寿司は、友人のお土産 ← a lots of thanks
合わせたワインは、山梨のスパークリング。  

c0364500_22253363.jpg
手のこんだ料理がひとつもない・・・ という いつものパターンですみません。


オデザは、友人がはまっているという 
まるごと桃のケーキ。

プレートにおめかしして、遊びましたよ。

c0364500_22285627.jpg

桃のケーキ・・・ というか、桃でした   笑
こんな感じで、中に少しだけカスタードクリームが入っていて、
スポンジの上にまるごとのっています。

c0364500_22312508.jpg
とってもとっても 美味しかったぁ 016.gif


あー やっぱり楽しいな。
テーブルつくって、簡単なお料理で(汗)家に人を招くって、
すごく好き。   めっちゃ 楽しい。   夏の間 お休みしてたから、
そろそろ再開しよーっと。

友人各位     
     遊びに来てね♪




今日のつぶやき


今日もまた上空をヘリが旋回。
何かあったのね、とニュースを見たら、
やはり電車で火災事故。


首が左方向に15度ぐらいしか曲がらない。
どうやら 寝違えたようだ。


あまちゃんに続き、
今度はお昼に再放送のチャングムにはまる。
このドラマ見るの3回目。   BS万歳。











by nanako-iro | 2015-08-28 00:00 | table decoration | Comments(13)

ソファとクッション

インテリアブログになりつつありますねぇ~
リフォーム前なので、頭の中、それ一色なのですよ^^

先日、代官山でカーテンなどのファブリックを扱うお洒落なお店を見つけました。
Need’k というお店なのですが、ご存知?
私の知っているところでは、銀座三越 池袋西武にも入っています。

そこで見つけた小さなクッション。
こげ茶のウッドビーズパーツが縫い付けられて、モダンな印象。

c0364500_23013954.jpg
リビングの真ん中にドカンと幅をきかせているリラックスソファに似合う
アクセントクッションを探していました。
ここには、モダンな感じのものを置きたいな、と。

c0364500_23053197.jpg
今住んでいる我が家(社宅です)は、
リビング隣の和室にソファを置いているのですが、
テレビはリビングにあります。
どうしても足をのばしてゆっくりテレビが見たいという主人の希望で
数年前にこのリラックスソファを買いました。
ドイツのhimolla社のものです。  
とても人気のあるノルウェーのストレスレスに比べると少し小さめ。
ただ、このタイプのリラックスソファ、
すわり心地はよいのですが、
いかんせん、オットマンがあるために家具のレイアウトがむずかしいのが難点。



で、メインのソファは
この通り 和室に。

c0364500_23121216.jpg
新婚のころに買ったソファなので、
結構古いのですが、海外で暮らした10年間ずっと倉庫にあったので、
実際にはそれほど使っていないのです。

本当は、リフォームと同時にソファの買い替えも考えたのですが、
まるで傷んでいないし、カバーも取り外してお洗濯できるし、
このまましばらく使うことにしました。

そこで、
クッションの登場!
家具は買い替えできないけれど、クッションカバーならば、季節や気分で衣替えできるわ。
そして、すごくいいアクセントになってくれるもの。

↑のカバーは、ベルギーのゴブラン織りのもの。
色が大好きで、ほぼ一目ぼれ状態で購入した思い出があります。
もう、10年ぐらい前に。


c0364500_23174341.jpg
ゴブラン織りは、あと3パターンぐらいあるかな。
その他、キリムやアニマルファーなど。
なかなか冒険できない性質でして、わりと地味なものばかり。

昔、このソファにシルク素材のグリーンのクッションを置いたことがあるのですが、
素材がそぐわず、大失敗したのです。
それ以来、無難な素材、無難な色のクッションカバーを選んでいます^^

その点、トップ画像の白い皮貼りソファというものは、どんなクッションあわせても
ハズレないかもね。

9月に入ったら、ベトナムで見つけたこの蓮の花刺繍のカバーに
替えようと思っていまーす♪


c0364500_23241316.jpg


あは やっぱり 地味だわ  笑





今日のつぶやき

さっきからヘリコプターが上空を旋回していると思ったら、
どうやら東横線がストップしているらしい。
そういえば、19時ごろ乗ったバスが異様に混んでいた。


中学一年生なんて、まだまだ全然子供です。
夜中にフラフラするなんて、
ご両親、気の毒ですが責められても仕方ないかな。


節約 一旦休止。
秋のカットソー 1枚買っちゃったー。 









by nanako-iro | 2015-08-26 00:00 | home | Comments(10)

ルーシーリー 展

千葉美術館で開催中のルーシーリー展に出かけました。
遠かったーーー  でも、行ってよかったーーー 

数部屋にわたっての作品展示。  
なかなか見応えある内容でした。


c0364500_21370112.jpg
しかし、やはり日本の美術館。
撮影、一切NGなのよね^^      折角、一眼レフ持っていったのに、残念!

展示部屋外のパネル写真の前のみ、撮影OK。
ルーシーのアトリエかしら?

c0364500_21404376.jpg

わ わ  お宝作品が並んでる♥
ロンドンのV&A美術館に、アトリエ風景が再現されているのですが、
うんうん、こんな感じだったかも。


c0364500_21415620.jpg
1時間半ほど、時間をかけてじっくりねっとりと作品鑑賞。


しゃがんで見たり、俯瞰で見たり、右から左から・・・  
ほんの少し陶芸をかじった身なので、土を成型する感触を思い出しながら
作品を見てゆきましたよ。

ウィーン時代から晩年のロンドン時代への作品の移り変わり。
おもしろかったです。
高台が小さく、薄作りで斬新な色使いのものは、
ほとんどが後期ロンドン時代に作られたもののようです。


ミュージアムショップで、欲しかった作品集を買いました。

c0364500_22141919.jpg
撮影は出来なかったけれども、この作品集があれば、
いつでもうっとり出来るわ。

ルーシーリーといえば、この色 このフォルム。
ポストカードを撮影。

c0364500_22161411.jpg
ターコイズ色の陶器 口縁からブロンズ色の釉薬がこぼれます。
うすーくて、安定感のなさそうなこのフォルムに
多くの陶芸家たちが心を捕まれたようです。

それから、
ボタンの製作。
後に、三宅一生とも交流があり、彼のコレクションとしても知られています。

c0364500_22200639.jpg

陶芸教室で私もマネしてボタンづくりに励みました.笑


円筒型のこうした花器も、ルーシーの代表的作品。

c0364500_22211214.jpg
フォルムや色使いは、レトロでありながらもモダンで斬新な部分もあり。
不思議な魅力があります。

彼女の作品は、和や北欧ものに似たものも多く、
そのあたりにも、惹かれちゃうんだなぁ♪


日本の陶芸家たちも、きっと、いや、間違いなく
彼女の作品を目にして、少なからず影響を受けていることでしょう。



我が家にある
なんとなくルーシー?的な器を撮影してみます。

c0364500_22325026.jpg

左は、simplicityのお茶碗。
茶色に細い線の入った椀や鉢は、ルーシーの得意とするところ。
これを購入したときは、私はルーシーの存在を知らず、後にルーシーの作品を見たときに、
「あれ? この鉢、私が使ってるお茶碗にそっくり。」と思ったもの 笑

右は、鈴木麻起子さんの器。 とても人気のあるターキッシュシリーズ。
ターコイズ色で高台が小さく繊細なフォルムは、まさにルーシーリー。
鈴木さん自身もルーシーリーから大きな影響を受けたと語っているそうです。


ルーシーリー展、
千葉美術館での展示は、8月いっぱいです。
この先は、
10月31日~ 姫路
1月16日~ 福島
4月9日~ 静岡   のスケジュールだそうです。

ぜひ、生のルーシー作品、ご覧になってください!!!







今日のつぶやき


いよいよ 壁紙やらカーテンやら、細かな部分の仕様決めに入ります!


「夫婦は鏡」か、なるほどね。  


眉毛のメンテナンスに行かなくちゃ。














by nanako-iro | 2015-08-22 00:00 | pottery&porcelain | Comments(16)

桃と葡萄

フルーツ 大好き♥
フレンチやイタリアンなどのコースメニューでも
最後のデセールやドルチェは
たいていフルーツっぽいものをorderする私。


長く暮らしていたヨーロッパから帰国して、
日本はフルーツがなんでも甘くて美味しいな~  と実感します。
高いけどね。

夏といえば、スイカ?
うんうん、冷たくして切り分けたスイカ、美味しいですね。
ですが、
数ある果物の中でも、
私が特に好きなものが「白桃」と「ぶどう」

帰省先で、
ちらっとだけ、ぶどう狩りを楽しみました。

c0364500_16400672.jpg
シャンデリアみたいに房が下がるこちらは、
シャインマスカットという品種。 収穫するには少し早いみたい。


今は、巨峰とデラウェアが旬のようでした。
このあと9月になると、マスカットですって!

c0364500_16422273.jpg
ヨーロッパで良く見かけるグリーンのぶどう(皮ごと食べられる種無し)も
美味しくて大好きだったけれど、
やはり、日本の肉厚の巨峰やマスカットの甘さ、半端ないわ♪

c0364500_16451816.jpg
むかーし、
祖母の家の庭に大きな葡萄棚があって、
9月になるとたわわに実ったぶどうを摘んで、ジャムやジュースづくりを祖母と一緒にした事を
思い出します。 エプロンしたけれど、Tシャツがぶどう色に染まっちゃってね~
でも、あのぶどう、そのまま食べるには種が多すぎたのよ^^


それから、白桃。

c0364500_16483243.jpg
お土産に買った葡萄のうしろにあるのが、
軽井沢で日帰りゴルフをしてきた主人のお土産、信州産の白桃。
軽井沢のツルヤで買ってきてくれました。←つか、私が頼んだのだけれど。 道路がツルヤ渋滞だったらしい。


もうね、もうね  信じられないぐらい 甘い !!!
冷たくして切り分けた桃、主人も私も唸りました!
美味しい ~~~

c0364500_16520143.jpg
なによりのご馳走。

あぁ  幸せ。


桃と葡萄が終わったら、今度は梨の季節よね~  
これまためちゃんこ楽しみだ。


果物  何がお好きですか?






今日のつぶやき


洗濯もの たんまりあるのに、雨の1日 ついてない。


高校球児  胸があつくなる。   すっかり母親目線。


家康の等身大の位牌を見てきました。
身長、159センチですって。
これでも、当時では大きい方だったとか。












by nanako-iro | 2015-08-18 00:00 | food | Comments(16)

アーティフィシャルをミックス。

近頃のアーティフィシャルフラワーは、
結構素敵なものがあるので、暑さでお花がもたない
今の季節、効果的に使ってゆきたいわ。

もちろん、生花と比べちゃうと魅力半減だけれども、
真夏や長期旅行に出てしまうとき、便利~~~



例えば、
こんな感じで かろうじて残っている緑に、アザミとラベンダーのフェイクをそえたりして。
アザミの茎の部分の針金を少し折って、水につからないようにしています。



c0364500_22345801.jpg
この3つの入れ子トレーは、
自宅の断捨離をしている実家から貰ってきたものなのです。 
母曰く、たぶん 軽井沢彫りとのこと。
彫りが綺麗で木目も美しくて、なかなかのヒット!
嬉しいな。 




こちらは、ハイドロボールで育っているグリーンに、
フェイク紫陽花と枝のトッピング!

c0364500_22410164.jpg
ぱっと見、本物っぽくない?

c0364500_22421690.jpg
と、
こんな風に、リアルものとフェイクをミックスさせて
遊んでいまーす。


おまけは、クリスマスローズのドライ。
この時にドライにしたもの。
これも、なかなかいい感じなのだ♥

c0364500_22483843.jpg
ドライフラワーやシルクフラワーは、実はあまり好みじゃないのだけれど、
これは 結構 気にっているの。
次のクリスマスローズのシーズンまで、このまま飾っておくつもり。



さて、
1月に義父が亡くなって、この夏は初盆になるもので、
明日から4日ほど帰省します。
ベランダの花はそろそろお終いだから、枯れてもいいや。
室内の観葉植物には、明日の朝、たっぷりお水あげて日陰に移動しておくつもり。

渋滞は避けたいので、新幹線でビューン!
お義父さん 待っててね。
あちらも暑いだろうな~







今日のつぶやき


蝉の大合唱も、聞き飽きた。


水だしドリンク。 麦茶をやめて黒豆茶に。
でもね、色が悪い。 ドブ川みたいな色で不味そー


夫、私に内緒でラインやってるっぽい。







 




by nanako-iro | 2015-08-13 00:00 | flower&green | Comments(8)

グレージュ色のインテリア

ここ数年、「グレージュ」  という色が注目され、
海外のインテリア雑誌でも、
グレージュ色のインテリアとして特集が組まれることもあるようです。

グレージュ   その名の通り、グレーとベージュをかけあわせた様なアンニュイな色。
ファッションの分野でも、この色はすごくお洒落で重宝すると思う。

昨年購入したロエベのバッグも、迷わずこの色をチョイス、相当気に入っています♪

どんな色にも合わせやすく、差し色で如何様にも遊べるし、
大人カラーの代表色かもね。



グレージュ色のインテリア
ざっと検索しただけでも、出てくる 出てくる。


c0364500_2282130.jpg


ソファをこの色にすれば、クッションの差し色で、色々遊べるわ。


キッチンも、さらっとシンプルで素敵。


c0364500_2294212.jpg



リビングをグレージュカラーでまとめると。


c0364500_22103084.jpg


落ち着くこと間違いなし。

c0364500_23081785.jpg
ダイニングも優しくモダンになります。

c0364500_23080075.jpg
ベッドルームの例です。

c0364500_23184762.jpg
どれもこれも、広くてうらやましいよぉ。



・・・・・ 

しかーし ここは日本。
現実は、
部屋をこのグレージュ色でまとめるとなると、
まずは広さの問題があるし、家具を総とっかえしない限りバランスとれない^^:


あーあー 憧れるなぁー
頭の中の妄想インテリアでは、 すでに形になっているんですけどね~
グレージュインテリアの中、テーブルクロスやクッションで色遊び。
好きな絵を数枚と、掛け軸をひとつ 飾るわ。
家具は、
木目の美しいテーブルとグレージュ色のL字ソファと桐ダンスひとつだけにするの。
こんな色目の桐箪笥。

c0364500_22183543.jpg




                              *ここまでの画像は、すべてネットより拝借しています。



こちらは、数年前のarflexの広告の切り抜きなのですが、
この写真の雰囲気が好きで、大切に持っているもの。
グレージュ色とは少し違うけれど、こんな空間に激しく心揺れています。


c0364500_22252062.jpg


くぅー     妄想だけでワクワクしてくる♥




現実に戻って、
今、この家にあるグレージュ色のものといえば、
ソファの前に敷いているカーペットかな。  (ホットカーペットカバーです)

c0364500_22214590.jpg


うしろのアートも、グレージュインテリアにはぴったりなのよ、ふふ。

それから、フランスで購入したシャンパンモチーフのアート。
額装した際、フレームマットをアートにあわせてグレージュにしました。

c0364500_2223132.jpg



今回のリフォームでは、家具の買い替えは予定なく、グレージュインテリアは叶いそうもありません。
遠い将来、
老夫婦でシンプルな暮らしをするようになったら、
そのときは、このグレージュカラーの大人インテリアにしたいな。

なーんて、その頃はまた趣味も違ってそうだけど・・・




今日のつぶやき


恥ずかしいところに、オデキが出来た。
痛痒いんですけど!



軽井沢の野沢菜、 なんて美味しいんだろう・・・



目の手術を終えて母が退院。
内出血の痕が、痛々しい。  
視力は回復しないけれど、視界が少し明るくなったらしい。

by nanako-iro | 2015-08-11 00:00 | home | Comments(8)

ナプキンとナプキンリング 夏

ナプキンリングをコレクションしています。
テーブルコーディネートは大好きですが、
ダイニングテーブルにデコグッズを盛り盛り沢山並べるのって
好みじゃない。

だから、
ナプキンリングをポイントに、テーブルを華やかに演出出来たら素敵だな~
って思うのです。

c0364500_11374157.jpg
麻のナプキンとリングのコンビネーション。
ナプキンの類、中でもリネン「麻」はスペシャル。

c0364500_11394642.jpg

伊勢丹のセールで見つけたナプキンです。

薄いブルーとグレージュ。
これ以上ないというほどの、好みの色合い。



色違いもあって、
ちょっと悩んだけれど、
夏だし、涼しげでいいかなと、4枚。


   

真っ白い器に、このナプキン。
リングは、何をあわせよう?
リングなしでも綺麗かな。






夏をイメージさせるリングをいくつかご紹介しちゃうわーーー


c0364500_11464834.jpg
マイケルミショーのリング。
マットゴールドとシルバー。
細工が繊細でお洒落なの。
夏に限らず、いつでも使えるか 笑

私はニューヨークで買い求めましたが、
日本だとアトリエジュンコさんのブランド?で扱っているみたい。

こちらをのぞくと、あれもこれも欲しくなっちゃう。



変わって、ガラスのリング。

c0364500_11510582.jpg
トルコで見つけました。
6つあったのに、ひとつ割っちゃったー ビエーン。
カラーナプキンに使いたい。


もうひとつ、アメリカから。

c0364500_11525558.jpg
花びらがシェルビーズでつくられていますよー
こうなると、アクセサリー感覚。
シンプルなコーディネートに、ちょっとリッチなナプキンリングで華をそえる・・・そんなスタイルが理想。
KIM SEYBERT のものです。
こちらのHPを見てみてください。
なかなかのお値段なのですが、どれも凄く素敵。



ヨーロッパに長く暮らしていて思いましたが、
テーブルクロスやカトラリーなどは別にして、
こうしたナプキンリングやテーブル小物系は、
ヨーロッパよりもアメリカのほうが充実しているなという印象です。



最後は、zara から。
2年ほど前に買ったターコイズブルーのリング。

c0364500_12020485.jpg
はは、やはりちょっぴり安っぽい。
実際 手にとってみると、オモチャ感たっぷりですが、
でも、十分かもしれません。    プチプラ万歳!



リフォーム終わって、
これらのテーブルグッズでコーディネートして遊ぶ日々を
今から妄想していまーす♪







今日のつぶやき


あぢー   
空気の入れ替えしたくて、2時間エアコン切ってみたけれど、もう限界。


お盆はどこもお休みで、予約とれず。


寺○心君  うーん   出来過ぎでコワイ。










 
  

by nanako-iro | 2015-08-08 00:00 | collections | Comments(4)

美しいペンダントライト

リフォームする家( ごく一般的な広さのファミリーマンションです )の
ダイニング上に下げる予定のペンダントライトを探しています。

これが、本当に色々あって 頭の中でイメージを広げるも、
ありすぎて もう わけわからなくなっています。

こちらは、先日の記事にもリンクするかもね、
真鍮とクリスタルガラスのペンダントライト 
Lee bloom のものです。

c0364500_18045264.jpg
綺麗~~~
外国製のものですが、レトロな感じがあって素敵。


ガラスのペンダントライトをいくつか下げるというものであれば、
ぐっとモダンなタイプにも惹かれます。

c0364500_18060101.jpg


クリアガラスで電球のシンプルさを目立たせるものです。
c0364500_18062175.jpg


大きさ違いで ランダムに下げるもお洒落。
ただ、これはダイニングというよりカウンター向きかも。
c0364500_18072507.jpg

これは、リフォーム会社が我が家にどうか、と提案してくれた
アメリカ bocchi の照明。

c0364500_18105853.jpg
おもしろい!  
ついでに、↑ こちらのダイニングの色合い、モダンで素敵。

が、現実はこのライト、ひとつ5万円以上するの。 ここのダイニングは19個もついてる。
数を減らして6個つけても30万円よ・・・    撃沈^^



照明器具といえば、北欧ものも人気です。

c0364500_18143025.png
ルイスポールセンの照明などは、
和の空間に馴染みやすいしね~   だた、いまひとつ我が家のインテリアとしっくりこない。




アイアンを使ったちょっとアールヌーボーデザインのものも、
やっぱり好き。

c0364500_18160737.jpg
キッチン広すぎて、参考にならず。 笑


アイアンとシェードのコンビもいいな。

c0364500_18171464.jpg

和 アジアン な部屋 ダイニングだったら、
この感じも候補。 

c0364500_18181893.jpg


柔らかい光で、シャードが和紙みたいな雰囲気を醸し出して。


c0364500_18194070.jpg

もう少しデザイン性があるこちらも素敵。
この雰囲気で小ぶりなもの、ないかしら?

c0364500_18203054.jpg
といった感じでネット探しすると、
キリがなく、また外国製のお洒落なものは、お値段もすごくて^^

結果、おそらく 日本製のシンプルなペンダントライトになりそう。
予算が1番です、次にデザイン。 そんなもんよね^^
明日、現物を見てきます。



あ、シノワズリーが好きだから、
こんなのもあり?

c0364500_18234766.jpg


                           笑 003.gif003.gif003.gif 

                     *画像はすべて、ネットより拝借しました。








今日のつぶやき



絶賛 夏バテ中。

絶賛 夫とケンカ中。

絶賛 節約中。  

今日のひとりご飯は、野菜のお粥とタラコと冷奴   以上。







by nanako-iro | 2015-08-04 00:00 | home | Comments(22)