<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

壁 内装 いろいろ

すみません、またリノベーションネタです^^

解体が終わり、いよいよ来月から本工事がスタート。
工事の最終見積り金額が提示され、
予算の都合であきらめた箇所もいくつかありますが、
担当者との打ち合わせ、ショールーム巡りを経て、
一通り、内装工事の細かな仕様が決まりました。

c0364500_19474414.jpg
壁には 大谷石をはじめ、一部ですが、大理石やタイルを貼ることにしたので、
担当者さんがセレクトしてくれた物の中から、自分のイメージに近いもの、好みのものを
選んでゆきます。



これは、リフォーム会社のショールームにデコレーションしてある御影石。

c0364500_19530116.jpg

スタイリッシュでカッコいい!
玄関などに、こうした大理石や御影石が使われていると
なんだか 「オカネモチなおうち」  って印象です。  笑

が、
予算の問題はもちろん、このての石だと少し冷たい印象を持つ気がしたのでパス。
我が家には もう少し柔らかなイメージの「大谷石」を使うことにしました。 
 ( ↓ 画像 左のもの)

c0364500_19585397.jpg

この様にして、
候補にしているクロスや家具の面材などのサンプル素材を並べて、色目などをあわせてゆきます。

しかし、
1度決めても、色々見てゆくうちにまた迷いが生じて、
あらたにサンプルを取り寄せてもらい、もう一度決め直す。
そんな作業を繰り返しています。

予算の都合であきらめる事はあっても、
後悔のないように、予算内で可能な限り沢山見て 沢山迷いました。


こちらは、トイレに貼る予定のタイル。
プランナーさんがセレクトしてくれただけでも、
こんなに色々あるのです。

c0364500_20055510.jpg
シブくスタイリッシュなトイレをイメージしています。
(すごく狭いのだけど^^)
でも、このタイルサンプルだけでは、どうもイメージがわかず、実は今もまだ悩み中。
近々、ショールームに実際にタイルを張った施行例を見に行くつもり。


リビングは、1面だけアクセントウォールにしたいと思うのですが、
クロスにするか、木目をはるか、石を貼るか、とても迷いました。
最終的には、珪藻土という塗り壁に。 湿気をとり、自然な風合いが印象的な珪藻土壁。
こちらも塗り方のパターンや素材がいくつもあって(お値段も変わってきます)
色を選ぶだけでも、頭の中 軽くパニック。

c0364500_20131914.jpg
壁一面となると、かなり広い面積になるわけで、
家具や飾る絵とのバランスもあるし、リビング全体の雰囲気を左右する重要な個所。
ここは慎重にならざるを得ないので、
サンプルを持ち帰り、時間をかけて決めることにしましたよ。


リノベーションに大切なことは、メリハリ だと聞きます。
予算内で気持ち良くリフォームを行うには、
お金をかけてリフォームしたい箇所を絞りこむこと!
つまり、メリハリ。
もちろん、予算制限ナシの場合は、話は別ですが。 

我が家の場合、
キッチンやバスルームは既製のものを入れ、それほど高額予算をかけていないので、
(タイル貼りバスルームも、外国製の食洗機や大理石キッチンワークトップもキャンセル)
代わりに、各所にクロスではなくタイルや石などの少し贅沢な資材を用いて、
内装をオリジナルなものに仕上げることにしました。

最終的には、予定していたウッドデッキの工事も予算上あきらめましたー (~_~;)
次のボーナス時に持越しかな  ははは。


さて、
内装の仕様が決まったところで、
このあとは、カーテンと照明を決めるのですが、
ここまでで、すでに予算オーバー気味なので、
どちらも無難なものでフィニッシュしそう 007.gif

ま  仕方ないか。
あれもこれも欲張ってもダメね・・・

そういえば、
年頭に掲げたこの1年の私の人生テーマは
「あれもこれも欲張らない」だったわ。
さ  初心にかえろう。  






今日のつぶやき


えーーーーーーーーーーーーーーーーー 
福山ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そりゃ ないぜよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   !!!!!
お相手の女優さん、あまり好きじゃないし。  顔がこすぎて苦手。



スーパームーン。  
月が近い! でもね、女性は満月をまじまじと眺めちゃいけないって、
昔、細木○子(占い師)が言ってたよ。



ちょちょちょちょっとー
ついにマジック1です。
あぁ 神宮行きたい。




More
by nanako-iro | 2015-09-29 00:00 | home | Comments(14)

旧帝国ホテルと大谷石

シルバーウィークは、帰省の際に寄り道をして「明治村」へ。
思ったより広くて見応えあったのですが、
時間がなく、すべての建築物は見て周れませんでした。 残念!
そこで お目当ての 帝国ホテルの建物をじっくり〜

c0364500_15110168.jpg

1923年に建築され、1967年に取り壊しとなった旧帝国ホテル本館。
その正面玄関部分が、明治村に移築されているのです。
建築設計は、アメリカの建築界の巨匠  フランクロイドライト。

c0364500_15121432.jpg


ライトは、このホテルの建築にあたって、日本ならではの建築資材「大谷石」に着眼。
壁や柱、いたるところに大谷石を使い、デザインを手がけたそうです。


c0364500_15211142.jpg

主に、栃木県で生産がされるこの大谷石、
これまでは、住宅の外壁などに使われてきましたが、
近年になって、インテリアの一部として内装に用いられる機会も増えているらしい。


c0364500_15272956.jpg


加工がしやすく、石なのに、独特のやわらかい雰囲気を持ち合わす 大谷石。
玄関ロビーといえば、ホテルの顔。
このホテルの顔部分に、大胆に大谷石が使われ
ライト独自の世界観が見えてきます。


c0364500_15263681.jpg

ライトデザインの照明、椅子、食器、モチーフなどが展示されており、
リフォーム前であれもこれも気になる私は、建物内を何周もしてキョロキョロ。

c0364500_15290764.jpg
建具のドアノブや窓枠のパターンや、照明器具、光の透かし具合、 影の映り方、
どうでもいい細かいところまで 穴があくほど見てきました 笑

カフェも併設されており、
ライトデザインの椅子が使われていました。

c0364500_15381810.jpg

食器までデザインしていたのですね~
ノリタケが生産していた様です。

c0364500_16130614.jpg


つい先日、やはり建て直しのために一時閉館となったホテルオークラ本館も
そうだけれど、
こうした日本ならではの優美な、伝統文化の香りが残る本当の意味での贅沢な空間というものは
長く大切にしたいものです。


こちらは、この建物が建っていたころの当時の写真。

c0364500_15435276.jpg
帝国ホテル   
よく考えてみたら、立派な名前のホテルですよね 笑
今でこそ 外資系ホテルも建ち並ぶ日比谷界隈ですが
建築当時は それはそれは 存在感のあるホテルだったことでしょうね。



今回、明治村のこの場所でどうしても見てみたかった 「大谷石を使った建築」
実は、このたびのマンションリフォームで、
内装の一部に、この大谷石を使いたいと思っているのです!
主人も気に入った様子で、よかったよかったー


どんな風に仕上がるかしら?
とても楽しみです。






今日のつぶやき


ワイン姫の訃報、すごくすごくショック。
好き嫌いはあるでしょうが、とても魅力的で美しい人でした。


足元が冷える。  靴下 はこう。


新東名の駿河湾沼津サービスエリアの充実度、素晴らしい。
釜揚げシラス丼、築地より安くてウマウマ。



ロイドの代表建築  落水荘
by nanako-iro | 2015-09-25 00:00 | home | Comments(6)

秋色ランチテーブル

初秋のテーブルは、続きます~
今度は、ランチに友人をお呼びしましたよ。
ついでに母にも声かけして。

最初の画像は、友人より頂いた美しい生菓子です♪

c0364500_20353894.jpg


カメラを構える手が震えるほどに、美しいんですけど!!!


さーて ランチのテーブル。
お花は一緒ですが、
飲み会設定からランチ設定に、ほんの少しチェンジ!

c0364500_21164266.jpg



今回は洋食メニューのつもりですが、
いいのいいの。  和のコーデのままでいきます。

c0364500_20395355.jpg



前菜の準備が整ったところで、撮影。
お酒は、アンズのお酒と赤ワイン1杯だけね~

c0364500_20412855.jpg



先日の飲み会のときの、友人手作りの鳥レバーパテが残っていたので、
イチジクとバルサミコの味で頂きました。

c0364500_20433386.jpg


パテとイチジク、とても合う~   ついでに、甘いバルサミコソースも、合う 合う~



でもって、
その後は、友人のお店で購入した骨董器を使って、お料理をサーブ。
ゴルゴンゾーラのコロッケ ちと固かったか。
フルーツは、お重箱に盛り付けちゃったわー


c0364500_20473538.jpg



和のコーディネートで洋食。
洋のコーディネートで和食。

こんな風のミックススタイルがすごく好きです♥


骨董屋さんの彼女とは、すご~く趣味が合うので、
インテリアや器のトークが楽しいの。

また 遊びにいらしてください。



今日のつぶやき


シルバーウィーク 今回は車で帰省します。
あぁ  絶対 渋滞するよね^^


パリーグは、ソフトバンクがぶっち切りで優勝。
さて、セリーグはどうなるか?


デパ地下 栗のお菓子がいっぱい出てた♥
「すや」の栗きんとん  見つけるぞー






More
by nanako-iro | 2015-09-18 00:00 | table decoration | Comments(4)

初秋の家飲み女子会

私ぐらいの年齢で「女子会」なんてタイトルつけちゃうと
若い人に笑われそうなのですが・・・

少し涼しくなってきて、お酒が飲みたい気分!  ホントはいつも飲みたいけど。  

出張で主人不在の週末の夜、
友人たちに声かけして我が家で飲み会を企画しました。

初秋のイメージでテーブルコーデをしましたよ。

c0364500_18220032.jpg
19時集合。
それぞれに子供の夕食の準備を終えて、集まってくれました。

キャンドルに火をつけて、準備OK。  
が、その後ちょっとすったもんだあって(-_-;) 料理の準備が全然間に合わず^^



c0364500_18244621.jpg


益子焼きの花瓶にりんどうをいけました。
帯ランナーもりんどう色です♪

c0364500_23085257.jpg



この狭い家の小さなテーブルに5人着席。
でも、まぁ なんとかなるものね。



食事の前に、
6畳の和室で(笑) 乾杯でもしましょう。

c0364500_18293782.jpg
飲んでつまんで、ダラダラしながらおしゃべり。
コレ、私の大好きなスタイル。  
お上品でごめんあそばせ。  

その後は、テーブルへ移動。
友人たちがたくさんお洒落なお料理を持ってきてくれたのに、
酔っぱらってるから、みんなのお料理の写真がないわ~
ごめんちゃい~

私が作ったものは、居酒屋メニューみたいで恥ずかしい。

c0364500_18362385.jpg
深夜まで
盛り上がらせて頂きました。
私のたまった愚痴も聞いてもらって、スッキリ!

食洗機がないので、
片づけは翌日に! 空いたお酒の瓶は4本で。 

c0364500_18390866.jpg
手前のボトルは、ブルゴーニュのスパークリング。  ルー デュモン クレマンドブルゴーニュ。
日本人醸造家さんのものです。  神の雫(ワイン漫画)にも、登場する人物らしいですよ。
私も持ってる ジェラール ピュヴィのデザインラベルも、印象的。


賑やかで楽しい夜でした。

また 集まりたいな。
主人の週末出張、今度いつかな?    笑





今日のつぶやき

常備薬は、正露丸とバファリンとガスター10。
はい、胃腸弱めです。



チャングム 54話 終了。
イヨンエみたいな昭和顔、結構好き。



今日の陽気はすごく気持ちがいいね。
湿気がなくて、天高い秋晴れ。




More
by nanako-iro | 2015-09-16 00:00 | table decoration | Comments(8)

組子



釘を使わずに木と木を組み合わせて様々な模様を表現する伝統技術「組子」

c0364500_17252633.jpg


昨今人気の和モダンデザインの外資系ホテルの内装などでも、しばしば見受けられます。
元々は、
和室の障子や欄間などの建具として使われることが多く、
組子が作り出すどこか和を感じさせる幾何学模様の連鎖とその景観に
ものすごく惹かれています。


c0364500_17291588.jpg

今回の自宅マンションリフォームにむけて、
どこかにこの組子を取り入れられないものだろうかと、プランナーさんと相談。
リビングへ続く 建具にどうか! という話になりました。

が、
一つめの問題が、予算。
職人さんの技術を要する伝統ものなので、特別発注となると
制作にも時間がかかり、高価なものです。

二つめの問題が、 色。
我が家の家具、フローリングの色は、クラシックなブラウン系。
しかし、組子の色目は白木。
家具との色バランスが、ひとつの空間の中でしっくりこない。 
仕上がりイメージのCGを見ても、どうも納得いかないのです。
塗装をかけることも検討しましたが、
最終的には、組子によく似たシノワズリー柄のすかし建具というものに変更となりました。

あー残念。

家具、総とっかえしたいーーー!!!



こんなお洒落な画像を見つけました。

c0364500_17410471.jpg
きゃ 理想です。
こういう和モダンなお部屋、めちゃくちゃ憧れるーーー
将来は、
家具もモノもぐんと減らして、こういう清潔感いっぱいな和モダンな部屋で暮らしてみたいな。



そういえば、
先日 再建築のために取り壊すことになった ホテルオークラの本館ロビーにも、
この組子が大きく使われていました。 (窓の上部)

c0364500_17435590.jpg
この本館ロビーの雰囲気、私も大好きなので、ここが取り壊しになるのは、
ものすごーく残念。


リッツカールトン京都のレセプションらしいです。


c0364500_19594777.jpg
確か、アンダーズ東京のレセプションも、こんな感じでした。



それから
ななつ星の車内の内装にも使われていますね。

c0364500_19494524.jpg

↑ スィートルーム?の車両らしいですが、ゴージャス!


c0364500_17463541.jpg
光をあてると、模様が浮き上がって見えて、なんともエキゾチック、
妖艶な雰囲気に彩られるものですね。



こうした日本ならではの伝統技術、建築技術を駆使した 空間づくり。
本当に素晴らしいし、誇らしく思います。


さて、 
組子は諦めたけれども、
シノワ柄の建具、どんな仕上がりになるのかな~~~

楽しみです。



                         *画像は、すべてネットより拝借しました。



今日のつぶやき



鬼怒川決壊の様子、心が痛みます。
そして、今朝の地震もひやっとしたわ。


久々に家飲み女子会  超楽しかったよ。


さすがに、そろそろ美容院行かないと!
白髪問題 どうしたものか・・・













by nanako-iro | 2015-09-12 00:00 | home | Comments(14)

9月の部屋

まだ蒸し暑さは残るものの、確実に夏の終わりを実感します。
夏の終わりのハーモニー 060.gif   ← 好きな1曲。

和室のしつらい (ってほどのものじゃないけれど) を
初秋 私がイメージする9月の色でマイナーチェンジ。

c0364500_10430887.jpg

トンボの絵の扇子は、今の季節にぴったり~  かな。
スペインで買った鉢をランナーの色にあわせて 藍色のコーディネートに。
夏の「青」とは違う 秋の「藍」。   渋くてすごく好きな色なのです。

c0364500_10311453.jpg

ミニチュアは、お月見でーす。

c0364500_22283618.jpg
ウサギもいるのよ。

c0364500_22292208.jpg
このガラスのうさぎ、
兎年のお正月前(何年前だ?)に購入したものですが、
十二支の中でも兎ちゃんは、イースターやお月見の季節にも飾れるから、
買って正解!
蛇とか虎とか 猿じゃ 飾る機会無いもんね。 笑



大好きな季節、
秋の始まりを感じながら、インテリアも「わたしいろ」で楽しむつもり。
少々幼稚な趣味ですが・・・







今日のつぶやき


リフォーム工事  いよいよ解体工事がスタートします。
今日はビフォーの写真を撮ってきたの。



お酒飲み仲間の夫婦と一緒に食事。
広尾の中華→麻布のワインバー 
ふふ、大人の時間。  しっかし よく飲んだ―



うわー
松茸だー 土瓶蒸しー ヤバイー
でも あと1回ぐらい氷も食べたい。




  


  






by nanako-iro | 2015-09-07 00:00 | home | Comments(2)

包丁砥ぎ

築地に出掛けて、
専門店で包丁を砥いでもらいました。

これが、素晴らしい仕上がり!
劇的に切れるようになりました。

c0364500_22263105.jpg
普段使っている我が家の包丁は、
新婚のときに購入した 「杉本」のものが大きいのと小さいの1丁ずつ。
それから、数年前に購入した やや大きめ包丁 「東源正久」のものが1丁。

c0364500_22325078.jpg

どちらも築地にお店があり、
空いていれば、その場で砥いでもらえます。  1時間ぐらいはかかるけど。
私は、一応 それぞれのお店で砥いでもらったけれど、
どこの包丁でも砥いでくれるような事を言ってたかな。


帰宅して、早速使ってみました。
もーね、 びっくりする。  砥ぐ前の包丁が、いかに切れなかったか、実感。
トマトを切ってみたら、感動ものです。

気持ちいい~~~

キッチンに立つのが、ちょっぴり楽しみになる かも
お料理  頑張っちゃう かも


今晩は、築地で買った「鰻巻き」と「がんもどき」があるので、あともう一品あればよし。
冷蔵庫に残る茄子を炒めて夕食の一品に。
おネギもミョウガも生姜も、サクサク切れるよ♪

c0364500_22421416.jpg
ちなみに、これ 私がよーく作る 炒め物のひとつ。
茄子のポン酢炒め。
水にさらした茄子をごま油と生姜で炒めて、ポン酢とみりんと黒胡椒で味付けするだけ。
ネギとミョウガをたっぷり散らします。

さて、
包丁砥ぎを待っている間に、
築地でランチ。
前回来たときも、 今回も、狙うは「ウニ丼」  
私、アホみたいにウニが好きなのよ。

c0364500_22484177.jpg
前回は、私が左上のウニ丼   友人が左下の洋風ウニ丼
今回は、私が右下のウニ&ねぎとろ丼  友人が右上の海鮮ひつまぶし

4000円ぐらい出せば、北海道のウニがどーんとのった丼が頂けますが、
うーん  ただいま節約中の身なので、ランチはせいぜい3000円までかな 笑
やっぱりね、ウニは北海道のものが歯ごたえも味も格段に美味しい。

堪能しました。  


築地市場  外国人も多いですね。
ウニなんて、珍しいだろうなぁ~
そろそろ、ウニシーズンは終了なんだそうです。
間に合ってよかったー




今日のつぶやき


まだまだ出てくる盗作疑惑。  
ここまで来ると、パクリ技もあっぱれ  笑


お月見ミニチュア 飾ろう っと!



愛之助と紀香
どうでもいいっちゃいいんだけれど、なーんかスッキリしない。







築地のあとは、歌舞伎座へ
by nanako-iro | 2015-09-04 00:00 | food | Comments(6)