<   2016年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

もうすぐ 桃の節句

もうすぐ雛祭り。
今年は、リフォーム後の新居にお雛様を飾ります。   ワクワク♥

旅行前から飾っているので、早く記事にしたかったのだけれど、
旅行記のせいで、ギリギリになってしまった (-_-;)


c0364500_21590875.jpg


余宮さんのブーケポットに、アネモネを飾って。

私のお雛様です。
つまり、そこそこビンテージ人形^^
真多呂人形のお顔は、ふっくらしていて品がよく大好き。
衣装も昔のもののほうが、素敵なの。




c0364500_22003767.jpg

ひな人形の真上にダウンライトがあるので、
夜、電気をつけるとほんのりスポットがあたり、いい感じ。

c0364500_22042276.jpg
桃の節句なので、桃でも買おうかと思いましたが、
ひとまず、写真用にアーティフィシャルのチューリップを
ダイニングに飾りましたよ。


c0364500_22070979.jpg

ピンクのチューリップにあわせたランナーは、
先日のテーブルウェアフェスティバルで1500円で購入した半幅帯。
優しい色で、今の季節にピッタリ♪
   

c0364500_22110820.jpg

桃の節句

お雛様を眺めていると、心がほんわかしてきます。


でも3月に入ったら イースターの飾りも出さなくちゃ!
今年は、早いのよね~






今日のつぶやき



主人はアメリカ出張  ゴルフあり。
準備が大変だっつーの。


大塚家具の新CMに出ている少女
あの久美子社長によく似てるー
と思って調べたら、平愛梨の妹の平祐奈ちゃん 超美少女。



明日は東京マラソン。
お天気よさそうですね~ ランナーの皆さん 頑張って!












by nanako-iro | 2016-02-28 00:00 | home | Comments(14)

九州旅行 ~湯布院~

旅のラストは、大分の湯布院へ。
私は2度目の湯布院ですが、
どうしても宿泊してみたいお宿がありまして。

こちらです。   またもや高級お宿、ドン引きされちゃうかなー


c0364500_21095130.jpg
山荘 無量塔(むらた) 

雪の舞う 寒ーい1日の宿泊となりました。


引き戸を開けると、和の粋な空間です。

c0364500_21144151.jpg

囲炉裏もありました。

c0364500_21122109.jpg
中のBARは、宿泊客以外の方も利用できるらしい。

c0364500_21151713.jpg
談話室という場所もありました。
こちらは、北欧風のインテリアかな。

c0364500_21155697.jpg
こちらのお宿も、
お部屋はすべて離れになるようです。

c0364500_21163267.jpg

インテリアが素敵。

c0364500_21173203.jpg
小さなお庭と障子越しの明るい陽射し。
あぁ 終の棲家は こんな感じがいいな~
なんてね。


和室にベッド
品のいい絵が1枚飾ってあります。
よく眠れそう。

c0364500_21193709.jpg
お風呂は露天ではありませんでしたが、
大きな窓を半分開けて、半露天の気分を味わいました。
湯布院のお湯は、とても優しいの。

c0364500_21224037.jpg
この他、小さな茶室?のようなお部屋がひとつあって、
テーブルと椅子が置かれ、食事はそちらで頂きます。

お茶もセットされていました。
茶道具もいちいち素敵だわ!!!

c0364500_21262495.jpg


では、
夕食のご紹介を少し。  
九州旅行、最後の晩です!


c0364500_21270556.jpg
サラダも洒落てる♪

椀ものです。

c0364500_22072225.jpg



おつくりやあえ物。
c0364500_21275260.jpg
こんな感じで、器を愛でる楽しみもあり。

食事が変わるたびに、わくわく。

酒器も醤油入れも楊枝入れも、素敵でしたよー


c0364500_21294332.jpg
主人と「これ、惚れてまうー」と声に出して感動した酒器は、伊賀焼きでした。


デザートは、グラスで。

c0364500_21311956.jpg
勤続記念の休暇で宿泊した主人には、お祝い?のケーキまで、
用意くださいましたよ。
おなかいっぱいすぎて、食べられなかったけれども・・・


食事のあとは、バーで1杯。 
最後の夜に乾杯しました。

山荘 無量塔

実は、大好きな緒方慎一郎氏のデザインしたお部屋があると知り
宿泊したかったのですが、残念ながら緒方デザインの二部屋は空いておらず、
それがちょっと心残り。

こちらの建物が彼のデザイン。
中、どんな風だろう。

c0364500_22091481.jpg
あぁ 素敵そう・・・


それでも、上等なしつらいがそこかしこに見られ色々と勉強になるお宿でしたよ。


c0364500_21404993.jpg
こうした引き算インテリア   理想です。
なかなかマネ出来ないけれども。


翌朝は、もちろん朝風呂に入って、朝食を頂き、チェックアウト後に
湯布院の町をざっと見て(観光スポットは特になく^^)
古道具屋さんを見つけて、最後のお土産に骨董の籠を買いました。

大分空港まで1時間ドライブ。
レンタカーを返して、予約していたフライトの1本前の便に乗ることが出来て、
1時間半で羽田へ。
リムジンバスで新しく出来た高速のトンネルぬけたら、もう都心。
あっという間に、家に到着。

国内旅行・・・  いいね!



はー 終わったー

長々 旅行記におつきあいくださり、ありがとうございました。
明日から 通常運転のブログでーす。





今日のつぶやき


近所のお宅の小さな「しだれ梅」が、なんとも素敵。


歯医者でクリーニングをしてもらったら、
気分がいい。


身の丈にあった暮らしを心がけること。
まんざらでもない自分自身に誇りを持つこと。
昨日の友の言葉が 心にしみるー




theo murata
by nanako-iro | 2016-02-27 00:00 | travel | Comments(6)

九州旅行 ~阿蘇 と 少しだけ小石原焼き~

長い旅行記も あと記事二つ。
そろそろ旅行レポート あきてきています・・・


博多から阿蘇へ向かいます。
途中に 最後の器巡り、「小石原焼き」を見に、福岡県東峰村という場所へ寄り道しました。
その様子は、この記事の最後で!


阿蘇です。
お宿を目指して山を登ってゆくと、どんどん気温が下がって、
霧につつまれ、雪が舞う世界へ。
レンタカーは、ノーマルタイヤだったのでドキドキします。


予約していたお宿は、
星のリゾート 界 阿蘇。

私たちにとって、お初の星のやグループです。


c0364500_22340570.jpg

モダンな外観、ロビーの天井が高くて気分がいい。

テラスからは、阿蘇のカルデラが一望できるのですが、
お天気次第^^


c0364500_22355902.jpg

夏は窓が開けられ、ぐんと開放的な空間になるのでしょうね~


c0364500_22354456.jpg
お部屋は全部で12室。
どの日も連日、満室っぽいですよ。
人気あるんだなぁ~  さすがの星のや。  
あ ちなみにこの日も数組がアジア系外国人観光客のようでしたが・・・

部屋はシンプルなインテリアで、まるで別荘にでもきているかのような
感覚です。

c0364500_22410024.jpg

リビングのおとなりがベッドルーム。
窓の外に見えるのが露天風呂。


c0364500_22404140.jpg

もちろん内風呂もありますが、
やはり露天を楽しまなくちゃ。  
でもね、外気温 確実にマイナス・・・


c0364500_22425493.jpg
湯加減はちょうどよかったものの、
首から上が冷凍庫状態で長風呂できず。


さて、
お楽しみの夕食は、こちらで頂きます。


c0364500_22442367.jpg


日本酒の瓶が美術品のように並べてありますねぇ。


前菜です。


c0364500_22453202.jpg
きゃ 綺麗な盛り付け。
こういうの大好き。

あまり得意じゃないけれども、
日本酒の飲み比べセットとやらをオーダーしました。

c0364500_22465673.jpg
飲み慣れないので、
結構すぐに酔っぱらってしまった・・・


色々とばして、
メインは、阿蘇の赤牛とお魚(忘れた)のしゃぶしゃぶ。


c0364500_22482823.jpg
赤牛  美味しかったなぁ♪


でもやっぱり日本酒飲むとダメね。
この日のお料理 全然覚えてないわ。


夜は、
ロビーのところの暖炉に薪が燃やされ、雰囲気たっぷり。
主人は、さらにここで焼酎を飲んでいましたよ~
ったく、よく飲むなぁ。

c0364500_22515706.jpg
お天気がいまいちで、阿蘇のダイナミックな景色が見られず残念でしたが、
お宿も含めて、気分はよかったです。


帰りにちらっと寄った 鍋ヶ滝。


c0364500_22543661.jpg

マイナスイオン  半端ない!!!

滝の裏側も見られるのです。

c0364500_22552337.jpg

最後にくまモンと2ショット写真を撮り、
旅の終着地、湯布院へ。


c0364500_22563583.jpg

よっしゃ 
旅行記事 あと ひとつ。




今日のつぶやき



大好きなシャンパンを頂いちゃった♪


ドライアイで、目がしょぼしょぼ。
これも老化現象のひとつ、だと。


今日はそれぞれに仕事を持つ友人たちとのおしゃべり。
あーあ 何もしてない私 ちょっと焦る・・・













小石原焼きです。
by nanako-iro | 2016-02-26 00:00 | travel | Comments(4)

九州旅行 ~唐津~

九州 器の里を巡る旅、ハイライトは唐津です。
博多から1時間強のドライブ。

まずは、駅近くのギャラリー一番館という店舗に入って、どんな焼き物があるのかをチェック!
お店の方に丁寧に色々教えて頂き
助かりました。

まず、目にとびこんできたのが、
矢野直人さんの作品。


c0364500_21591479.jpg
この少し青みがかった釉薬がこぼれるような色が特徴のもの。
朝鮮唐津と呼ぶそうです。


c0364500_22010216.jpg
鉄のような風合いのしぶい色、
研ぎ澄まされた佇まい、いいですね~  めちゃ、タイプ。
矢野さんの窯元へ行ってみよう!

ご自宅兼、窯元らしいので、
一応アポとって、殿山窯へ。

c0364500_22061894.jpg
展示会前でお忙しい中、
私たちのために、わざわざ窯の説明までして下さったナイスガイ。

ギャラリーにもご案内くださり

c0364500_22084427.jpg
作品を眺めさせてもらいました。

c0364500_22091526.jpg
朝鮮唐津 絵唐津 黒唐津
それぞれにとても魅力的でした。

この壺なんて、美術品ですよ。

c0364500_22124134.jpg
あぁぁぁぁ  壺が欲しい。
壺がそこにあるだけで、空間が独特にキマってくれるもの♥
壺貯金 始めないとだわぁ。


昨年末に新しく作られたという窯も拝見。

c0364500_22143784.jpg


先日の大雪のときも、
この窯で作品を焼き続けたのだそうです。

今回はお買いものはできませんでしたが、とても魅力的な唐津焼きを作陶される方。
矢野直人さん しっかりお名前覚えました!!!


続いて、唐津といえば、中里ファミリー
その中から中里隆さんの隆太窯へ。


c0364500_22235397.jpg
ちょうどセールのイベントをしていた様子でしたが、
人が多くて写真が撮れませんでした。

この1枚だけ。

c0364500_22245186.jpg
ぐい呑み 御猪口を主人が探していたのですが、
ご縁なく。

ここはさらっと退散。



続いて、
友人からの強いススメもあった 藤の木土兵さんの窯元  土兵窯へ。


c0364500_22191956.jpg
かなり山奥にありました。 
途中 嵐のような雨に合い、山道の運転が不安になるほど・・・


ご本人もいらして、少し雨が弱くなるまで長居させてもらいました。

c0364500_22214856.jpg

わぁ~  さすがにスンバラシイ作品のオンパレード。
この大皿のカッコいい事!


c0364500_22271713.jpg
酒器の数々には、主人が興味津々。
お猪口も沢山ありました。

c0364500_22275962.jpg
この色は、朝鮮唐津ですね。


c0364500_22284461.jpg
 
この形、使いやすいだろうなぁ~ 欲しいなぁ~と思いつつも、
私にはちょっと手が出ぬお値段でして(-_-;)

土兵さんにお茶を点てて頂きましたよ。

c0364500_22302835.jpg
結構なお点前でございました。


色々迷いましたが、
主人がここで朝鮮唐津のお猪口を購入。

嬉しそうです。   私も嬉しい  笑




およよ 3つ窯元をまわったところで17時前。

もう窯元巡りをする時間がなかったので
少し急いで街中へ戻ったところ
素敵なお店を見つけました。


c0364500_22342872.jpg
大杉皿屋窯というところです。

ここの商品?作品は、私にも手が出せるお値段で、品のいい唐津焼きが購入できます。


c0364500_22380955.jpg

草花などの絵がささっと描かれた絵唐津か、
三島文様の入った三島唐津の優しいイメージのお皿が欲しかったのです。
おぉ いい いい。

c0364500_22385840.jpg
このお店で各皿を4枚買いました。
わりとお手頃値段でね♪


c0364500_22420966.jpg
カップ&ソーサーも 地味だけれども優しい感じで女性好みすると思う。

デミタスもあって、かわいかったわー   
1客だけ買いそうになったけれど、ぐっと我慢。


午前中から行っていれば、(前日飲みすぎで起きたら10時だったのよ)
もう少し窯元巡りできたかな~
人気の中里花子さんとか岡晋吾さんとか、見たかったーーー


東京の展示会を楽しみに!




次の記事は、阿蘇です。
再び、熊本方面へ~







今日のつぶやき


今週は、寒い!


わーい アネモネ買えたよー
湯布院の古美術屋さんで見つけた籠に、いけてみよう。


はぁ 早く旅行記終えたい^^

















by nanako-iro | 2016-02-25 00:00 | pottery&porcelain | Comments(8)

九州旅行 ~博多グルメ~

博多に到着。
市内のホテルに3泊しましたが、色々と予定があり観光はほぼゼロ。

博多は、
私も主人も何度か訪れているので、まぁ いいっちゃいいんですが。


ここでは、重たいカメラをホテルに置いて食べ歩きしたもので、
ろくに写真もないのです。 
夜は連日、飲んで食べてだったので、朝食にいたっては
スタバにマックにサブウェーのファストフード3本立て。 でもこれがちょうどよかった。
マックの朝メニューは、ソーセージマフィンにコーヒーで200円! 感動もの♪

博多中州の夜です~

c0364500_14504213.jpg
ラブホと屋台。 
なんと美しきコラボレーション!

屋台は平日でも、どこも大混雑。   多分、7割中国人。
おでんに焼き鳥、ラーメン、もつ鍋・・・  うー 素敵!


初日は知人のいきつけのお寿司屋さんに連れていってもらいました。
「鶴亀寿司」と言ったかな?    

そこで出てきた、ふぐのポン酢和え。


c0364500_14532741.jpg

悶絶いたしました。

お刺身全般、めちゃくちゃ美味しい。 
寿司屋のあとに、川沿いのバーに寄り道、しめはラーメン (屋台こんでいて、結局 一風堂)

翌日は、また違う知人たちと地元の居酒屋へ。
そこで「焼きラーメン」なるものを初めて食べました。

最終日の夜は、ホテルのそばの水炊き屋さん 華味鳥へ。


c0364500_14572506.jpg
焼きラーメンは、豚骨ラーメン味の焼きそばって感じかな。 
水炊きは、お店によって好みがあるのかもしれません。
私は、昔でかけた「長野」というお店の方が好きです。
個人的に大好きな おきゅうと(ところてんみたいなもの) がお店になくて残念。
コテコテの豚骨味がすごく好きなので、博多のモツ煮もラーメンも 最高だわ♪


そして、
福岡といえば、明太子 !!!


東京でも、山なんちゃら 福なんちゃら  の明太子は、わりとどこでも買えるので、
ぜひ、地元のおススメを と知人に聞いたところ、
こちらの明太子を奨められました。


c0364500_15064274.jpg
椒房庵のもの。
あの茅乃舎のお出汁で知られる久原本家から出しているものらしい。
でも、東京の茅乃舎さんでは見かけませんよね?

旅行から戻った週末、クール便で届いたので
早速翌日の朝食で頂きましたよ。

c0364500_15093185.jpg
やばい  めちゃ美味しい。


タラコ本来の味に、お出汁というか漬けだれの味が加わって、
程よい辛みで ご飯にあうこと、この上ない。


数年前に、やはり福岡の知人から「稚加榮」の明太子を教えてもらったのですが、
うん、いい勝負。
ちなみに、別の友人からは「あごおとし」という名の明太子が好き との情報。

うわー やっぱり色々あるんだぁー
福岡の人って、
明太子の味比べできるのかな?

c0364500_15145786.jpg
旅行で手に入れた器を使って、
少々塩分過多の朝食です。

楽しい~~~   美味しい~~~   嬉しい~~~



博多グルメとしてテーマにしましたが、
内容しょぼくてごめんなさい。

九州うまいもん 他にも沢山ありました。

熊本の馬刺しや辛子蓮根、佐賀のイカと大分のだんご汁 
お肉は佐賀牛 長崎牛 豊後牛 赤牛 どれもとても美味!
それから さすが九州、 お酒が日本酒も焼酎も色々揃っていて、しかも安い。
私たち夫婦、趣味は全然違いますが、食の好みだけはとても似通っているので、
地元のお酒と地元の名物料理を堪能できて、幸せでした。
旅行中、ずっと体調よくてよかったー   笑



さて、旅レポも終盤。

博多から阿蘇へ向かいます~
おっと、その前に唐津のレポートがあるわ。
お付き合いください。





今日のつぶやき



ベランダの植栽?をお願いしてきたわ。
目隠し用の樹木は、やっぱりシマトネリコになりそう。


100円ショップの「のし梅」にはまっています。
5袋 買う。


明日は お弁当スタイルのおもてなしにするわ~







博多で見つけた器
by nanako-iro | 2016-02-24 00:00 | travel | Comments(2)

九州旅行  ~有田~

長崎から福岡へ向かいます。
道中、魅惑の器の聖地が待っているのです!

旅行前、
私の「器巡り」に主人がどれだけ付き合ってくれるか、実はすごーく不安でした。
運転するのも彼ひとりだし、
「もう いい加減にしてくれ」といつ言われるか内心ドキドキ。
唐津にはどうしても行きたいと話しておいたのですが、
有田 伊万里 波佐見・・・  唐津のそばにも器の聖地がたくさん。
一応 福岡方面へ出発する前に主人に聞いてみたところ
「九州に来て、 有田にはふつう行くんじゃないの?」と意外な答えが。

やっほー

有田は下調べゼロでしたけれども、
ひとまず、駅の住所をナビにインプットして GO!


c0364500_21370844.jpg
有田駅と北有田駅の間に、
器屋さんが並びます。

ただ、有田焼のものは、東京にも沢山お店があるし、
このての器は、古いもののほうが好みなので、
特別、訪れたい窯元もなく。


なんちゃら衛門の窯元も深川製磁もスルー。


勉強のため?   柿右衛門を訪れてみましたが、
写真撮影NGだし、売り物も半端ないお値段で 早々退散。


c0364500_21412303.jpg
季節がら、
お雛様のプレートをよく見かけました。


c0364500_21434731.jpg
お店をのぞいてゆく中、
おや こちらはちょっとモダンデザインな有田焼き! と思って入ったお店、
有田ポーセリンラボ


c0364500_21453376.jpg
伊勢丹でよく見る器が並んでいます。
確か、テーブルウェアフェスティバルにも出店があったような~
著名な方とのコラボ商品で知られたメーカーさんですね。

c0364500_21472970.jpg
そば猪口と小皿のセット、かわいいな。
でも、お料理のイメージがわかないかなー


お こちらもおもしろい。



c0364500_21482089.jpg
このシリーズは、
なんと俳優の伊勢谷友介の立ち上げたグループ?とのコラボレーションらしい。

白い器に、日本古来の伝統文様などが描かれて なかなか洒落てる~
やはり、伊勢丹で期間限定販売されていたものらしいです。

中皿を1枚買うことに決めました。


店内を見ていると、奥がアウトレットなのでどうぞ!と促され
覗いてみました。


c0364500_21515667.jpg
ほとんどのものが 半額。
ここから 普段使いできる小鉢をゲット。



その後は場所を少し移動して、大型店舗の並ぶ場所へ。
そろそろ飽きてきた主人の目を盗み、小さなそば猪口をお買いもの。
お買いものした品は、旅行記終了後まとめて紹介の予定です。


昔ながらの染付を中心とした有田焼きにまざって、
近頃は色ものの器、また著名人とのコラボレーション器が増えてきているようです。
こちらは、クニエダヤスエさんプロデュースのもの。
骨董風な絵付けで素敵でしたよ。

c0364500_21564916.jpg

有田の最後は、カフェでカレーを。
「有田 焼きカレー」  駅弁にもなるほど、人気なのだそう。


c0364500_22001998.jpg

そのままオーブンに入れることができる 有田焼の器で出てきました。
この焼きカレー  マジ 美味しかったーーー


コーヒーもここでは、有田焼のカップで。

c0364500_22000175.jpg

いいですね~


あ だめだめ。   
カップ&ソーサーは、もうしまう場所がありません 我が家。


有田の先に伊万里があります。
しかし、ここでタイムアップ。  主人のご機嫌もこれが限界。

波佐見と伊万里は 行かれませんでした^^




で、博多に到着。
こちらに3泊しますが、
知人に会ったり、会社訪問の約束があったりと、結構忙しく観光はほとんどしていません。




次の記事は、
一応  博多グルメ? かな。






今日のつぶやき


文枝の不倫疑惑・・・ またよくわからん人物が登場してきたぞ。


BS朝日で福留アナがナビゲーターの「ニッポン焼き物紀行」という番組を見た。
いいなぁ あんな番組のレポーターやってみたい  笑


私もいくらか預けている
ゆうちょの金利   0.001% に引き下げって、ほぼゼロじゃん!
それって、金利っていうのか?











by nanako-iro | 2016-02-23 00:00 | pottery&porcelain | Comments(4)

九州旅行 ~ハウステンボス~

長崎では、ハウステンボス内のホテルに2泊しました。

お天気に恵まれ、こちらは春爛漫。



c0364500_16202962.jpg

ハウステンボスといえば、この景色。

チューリップ花盛り~~~

c0364500_16195456.jpg


オランダで、あれほどまでに
「風車とチューリップ」を一緒に撮影できるスポットを探していたけれど、
ここにあった!


c0364500_16215868.jpg

チューリップの撮影も2年ぶりかな~ 楽しい!


こんなん、どう?


c0364500_16230038.jpg

オランダの街並みが忠実に再現されていて、
色とりどりのチューリップと運河、計算しつくされた美しい光景が広がります。
これ、きっとオランダ人もびっくりすると思うな。


c0364500_16260936.jpg

青空バックだと、本当に綺麗な写真が撮れます。
しつこい位 撮影しちゃった。


c0364500_16265666.jpg

花のドアップも。


c0364500_16281605.jpg
 
運河とカナルハウスの街並みは、アムステルダムというより、
ベルギーのブルージュっぽいかも。


c0364500_16294926.jpg

平日の午前中だったので、全然人がいなくて、
心配になるほどでした^^    
午後からは海外からの観光客と修学旅行生?でこんできましたが・・・


跳ね橋もありましたよ。


c0364500_16312369.jpg
私たちは、自転車を借りて、敷地内をぐるっと一回り。
1日じゃ回りきれないかと思いきや、3時間あれば十分でして^^

風車とチューリップの一角以外は、特に見たい場所もなく
あまり面白くないなぁ〜


ちょっと不思議なチューリップを見つけましたよ。

c0364500_16345805.jpg

このチューリップ 夜になると、

c0364500_16352654.jpg

なるほどね、そういうことか!

夜は、各所がライトアップされて綺麗でした。

さきほどの風車とチューリップは、こんな感じに。


c0364500_16371315.jpg

あら ロマンティック。
ホテルヨーロッパのライトアップも美しい。


c0364500_16381981.jpg
本家ホテル同様に、運河のコーナーに建てられて、
レストランが1階にテラスつきでありました。


ちょっぴり懐かしい・・・


ホテル内もチューリップで華やかです。


c0364500_16411102.jpg
様々なイベントが催されているようでしたが、
いまひとつ楽しめなくて(笑)  
アトラクションにしても、土産ものにしても、もう少し大人向けに何か考えて欲しいなぁーと
思った次第。

これだけ買って、お土産終了。

c0364500_16484990.jpg




夜のパレードにいたっては、

c0364500_16444350.jpg

完全にオコチャマむけ。
なんやねん!



早々にホテルに戻り、バーで1杯飲んで 早めに就寝。



でも、念願の「風車とチューリップ」の写真が撮れたので
満足です~




翌日からは博多に3泊。
途中に有田界隈をまわって、ドライブしまーす。






今日のつぶやき



大分で買った馬油  いいみたい。



うちのマンションの前、
どうやら 交通違反取締(多分、時間指定の右折禁止)のスポットらしい。
ガンガン 捕まってます^^   



連日つぶやいているから、つぶやくことが見つからない。

























by nanako-iro | 2016-02-22 00:00 | travel | Comments(4)

九州旅行  ~長崎~

天草のあとは、熊本市内に1泊。
馬刺しを食べ熊本城を見て、午後には長崎へ。


おぉ これぞ 長崎 といった景色です。
建造中の船が並ぶ光景を見るのは私は初めて。 一方、主人は仕事絡みで何度も来ており、
船について熱く語りだしました^^ 
この中に、例の火災を起こした大客船もあるのかな~?


c0364500_20533194.jpg
グラバー邸からの眺めです。


c0364500_16150702.jpg


坂の多い長崎。
どことなく、横浜山手の雰囲気に似てるなぁ。
このオランダ坂を上ると、女子大があって・・・   
横浜も坂を登って外人墓地を進むと女子大がありますね 笑



c0364500_20585794.jpg

細い小道の階段にも風情があります。


c0364500_20595515.jpg

この階段を下りると、中華街。
あ やっぱり横浜だわ^^ 


中華街をぬけ、出島のほうまでやってきました。
オランダの皆さん、ここが本家の「出島」ですよー


c0364500_21034971.jpg
現在ある建物は、もちろん復元されたものですが、
鎖国時代に海外貿易の唯一の窓口でもあった 出島。

南蛮人たちの暮らしの一部がうかがえます。
ミニチュア人形で 商人や学者たちの宴の様子が再現されていましたよ。
畳の部屋にテーブルおいて、洋食食べてる!  笑


c0364500_21061389.jpg
基本的に女人禁制だったらしい出島ですが、
遊女だけは特別だったそうです。  へぇへぇ。

当時、この出島とオランダの東インド会社と貿易取引や蘭学を取り入れるなどしていた事から、
オランダのお皿や家具、西洋へ輸出されていった伊万里焼の壺や皿など、
展示物も興味深かったです。
住居に貼られていた唐紙は、当時使われていたものの復元らしいけれど、
今見てもとてもモダンな柄で素敵。

c0364500_21111577.jpg




出島を出る頃には、すっかり暗くなっており、
中華街のあたりで行われているランタンフェスティバルを覗きに行きました。


c0364500_21143812.jpg
そういえば、私たちの休みの期間、
中国人の春節のタイミングとまるかぶりでして^^

いやー  予想以上に中国の方が多かったわ。

ランタンフェスティバルと聞いて、
もう少し雰囲気のあるお祭りかと思っていたら、
ド派手で驚き。


c0364500_21174799.jpg
中華街は、こんな風。

c0364500_21172808.jpg
「福」の文字が逆さなのが気になって仕方ない。

悟空もいるよ。


c0364500_21193024.jpg

それにしても、すごい人。
中華街のお店は、どこも大混雑。


c0364500_21201589.jpg
観光で訪れている中国人、
日本の中華の味は、どう感じるのかな?



私たちは、長崎ということで、適当な店に入って「ちゃんぽん」を食べましたが、
たいして美味しくなかったな。 よって写真なし。
カステラも食べたけれど、もともとあまり好きじゃないから、感想もなし。 



夜の闇に浮かぶ、天主堂の美しさに魅せられました。


c0364500_21281734.jpg

次は、ハウステンボスへ!
同じ長崎なのに、1時間のドライブです。


九州  広いな。





今日のつぶやき


クール宅急便で明太子が届く。
明日の朝食は、和食にしよう。



今日は雨で一歩も外へ出ず。
アイロンがけで半日終わった気がする。



週末は、新築&中古マンション販売の広告が多い。
リフォームして、関係ないくせに、ついつい見ちゃう~
今日気になった物件、 代々木上原の中古 104平米 1億7千万ですと。
買う人 いるんかいな?







by nanako-iro | 2016-02-21 00:00 | travel | Comments(4)

九州旅行 ~天草で器さがし~

天草に行った目的のひとつが、
前記事の「五足のくつ」に宿泊すること。
もうひとつの目的が 天草の作家さんの器を見ること でした。

まずは 天草を代表する人気作家さん
余宮隆さんの窯  朝虹窯へ。


c0364500_20362721.jpg
ご本人は不在で残念でしたが、
東京などの個展では、行列ができるほどの超人気作家さんの作品が
沢山並んでおり、ワタクシ 興奮します。

c0364500_20391322.jpg
余宮さんのお急須は、
私もひとつ持っていますが、小ぶりで実に使いやすい。
キレもいいし、ほっこりお茶タイムに最高。

c0364500_20402669.jpg
器を触った感触もいいな。
刷毛目のムラがいい感じ~


c0364500_20414920.jpg
花瓶か壺が欲しかったのですが、
ちょうどいいサイズのものがなく、壺にいたっては素敵すぎて、
私なんぞ、手を出してはいけない代物。  笑




c0364500_20440006.jpg

ね  スーパー 格好いいでしょう?
机の下にも、オ壺サマたちがゴロゴロいます。


c0364500_20460578.jpg
旅の記念にひとつ!  
というわけにもいかず(予算的にもね) 
壺は諦めました。

この美しい壺に、ダイナミックに枝ものなどで生け花の投げ入れできたら、
さぞかし、素敵だろうなぁ と妄想しながら。


お茶を頂きましたよ。

c0364500_20491436.jpg
お買いものは、小さなブーケポットとラーメン鉢になりそうなものを。

(お買いものしたものは、旅行記の最後にまとめて紹介するつもりです。 
  限定公開記事にしたら、怒るよね !?)





続いては、
余宮さんの窯から山を越えてすぐ近くにある  山の口焼 さんへ。



c0364500_20540927.jpg

なんと、こちらのご主人と余宮さんは、小学校からの同級生だとか。
ギャラリーの横で奥様が食堂をされている様子です。
この日はクローズでしたが。

c0364500_20553278.jpg
うわうわ
こちらも、私の好みの器がどっさり~   
棚に置いてある商品、どこから見ようか目が血走るわっ。



c0364500_21002411.jpg
ね ね  いいでしょう?
フォルムもハンドルの感じも、好きーーー

お ペアカップ


c0364500_21012234.jpg

カップ&ソーサーは腐るほど沢山持っているので、見ない様にしていましたが、
その横で 夫がこのカップを甚く気に入り、「俺、これ自分用に買うから!」と。

い い いいですよ  えぇ。  

私は・・・ 

c0364500_21064943.jpg
中央の輪花型のお皿が4枚欲しかったのですが、
数が揃わず、残念。
おなじく輪花型のお茶碗を 2つ購入。

オブジェや花器も、めっちゃくちゃ素敵。
むしろ、こちらの作家さんの仕事としては、この類の花器のほうが個性が出ていて
いいような♪

c0364500_21093978.jpg
壁かけタイプの小さな花器。
アートの世界でしょう?


ついでに、こちらを見てくださいよ。

c0364500_21103948.jpg

ド ストライク キタ  !!!

実はこちらの作家さんを訪れた切っ掛けは、この花器なのです。

東京のとあるお店で この花器の色違いを見つけて、いてもたってもいられずに購入。
しかも、わりとリーズナボー♪
こんなテイスト 大好きなの。
ほら、 我が家の自慢の(!)絵画とテイストが似ていません? ←わかる人にはわかると思うのだけど。
店主さんに聞けば、天草の作家さんのものだと言うので、
これを作っている人を探して、この山の口焼さんへ辿りついたというわけ。


器との出会いって、
やっぱり「ご縁」なわけですよ。

アンテナに響く器とは、
いずれまた どこかで何かの機会で結びつく「縁」があるの。
だから、いつも感度良好な状態にしておかないとね。
ま、うちの夫いわく、無理やり結びつけてるだけだろ!  との説もあり。



ともかく、
天草来てよかったー !!!

この山の口焼 さん
東京で個展など、あまりされていない様子なのが残念だけれど、
エキサイトでブログされているみたいなので、
今度こっそりコメントしちゃおう。 笑


最後にナイスな情報をひとつ。

今回 天草で訪れた
余宮さんと山の口焼 の作品 両方の扱いがある
穴場なお店が東京にあります。   コチラ  をどうぞ!


あー 器って素晴らしい。


天草のあとは熊本で1泊、翌日 長崎方面へ。
次の記事は、長崎です~







今日のつぶやき


明日は嵐なの? また?


ニールズヤードのクリームを買いに行くついでに伊勢丹へ。
ぐるっと各階見たけれど、今日は欲しいものがなかった。   よかったー 笑


カイザーでパンを4つ購入。
1624円  美味しいけれど高いなぁ。


by nanako-iro | 2016-02-20 00:00 | pottery&porcelain | Comments(8)

九州旅行  ~天草~

では、
これから九州旅行レポート始めます。

旅ㇾポは、ささっと終えてしまいたいのでフルスピードでブログアップしようと思うのですが、
いかんせん 10日間の旅、撮影した写真も300枚ほどあるので、
ひぃー どうしましょ (-_-;)

今回の九州旅行は、
主人のリフレッシュ休暇ということで、10日間ほど休みが貰え
どこへ行こうか考えたのですが、
昨年 駐在から戻ってきたばかりなので、「ここは 国内でしょう!」と。
旅先については、わりとすんなり決まりました。

会社から少しばかりのお祝い金もでるので(笑)
「大人の贅沢旅行」と銘打って、いくつか高級なお宿にも泊まっちゃったわ。
私個人のサブタイトルは、「うつわ巡り」   ぐふ。


初めに熊本に入り、天草へ


c0364500_20231157.jpg


泊まってみたかった宿のひとつ 「五足のくつ」

c0364500_20235669.jpg
ポルトガル宣教師によってこの地に伝えられたキリスト教。
その後のキリシタン弾圧の歴史もある天草ですが、長きにわたり、キリスト教が
根付く場所です。
与謝野鉄幹ら5人の紀行文 「五足の靴」 の名前から 宿の名をとったそうですよ。
教会建築の大工さんが宿の建築の一部を手掛けたということもあり、
お宿の中は、不思議な空間。
食事をする個室空間、建物はまるで教会!


c0364500_20334064.jpg
チェックインのときも、讃美歌が流れていましたよ~

別のヴィラをのぞいたところ、この通り。


c0364500_20354085.jpg

ヴィラはすべて個室で、こちらは和風建築。



c0364500_20374967.jpg

和風建築の扉を開けると、
おぉ ビックリ。  インテリアは、アジアンリゾート?



c0364500_20414754.jpg

外は緑がいっぱい 眼下に海が見えて夕日も眺められる美しい眺め。
露天風呂がついていたので、1泊の滞在中に4回も入っちゃった。
チェックアウトギリギリまで お風呂を満喫。  
最後は洋服の上にバスロープを着て足湯。 あはは


c0364500_20461823.jpg
朝食は、
主人が洋食、私は和食。
器が印象的でした。

c0364500_20482573.jpg

食事は、天草大王という名の地鶏が美味だったな。


宿を後にして、
少し散歩。  
森の中でよさそうな流木を拾って、いいお土産になったわん。

c0364500_21154278.jpg


その後は、
キリシタンの文化が色濃く残る天草の街をドライブ。



c0364500_21074590.jpg

大江教会、崎津教会を見て天草を出ました。

c0364500_20520699.jpg
崎津教会は、小さな漁村に建つ教会。

c0364500_20535717.jpg
お寺や神社がありそうな場所だけれど、
ゴシック建築の教会があるお陰で ノスタルジックに雰囲気のある風景に。


天草 のんびりしていて、とてもいいところでした。



次の記事は、
天草で出会った うつわ  です。







今日のつぶやき


今日も歯医者。
キーン ウィーン ガガガガ  という歯医者特有の器械音、なんとかならないのかな?
医療機器も日々進化しているはずだけれど、音のならない機器、できないの?


海老煎餅ばかり 買いすぎたっ
多分 すぐなくなるけどね。


九州もいいけれど、北海道行きたいな。
そういえば、トマムっていつの間にか星のや系列になってるのね・・・









  









by nanako-iro | 2016-02-19 00:00 | travel | Comments(6)