osloへ

三連休を利用して ノルウェーへ。
はい 懐かしい場所です。
本当は、もっと北のトロムソへ行って大自然と白夜体験してこようと
思っていたのですが、3日間の天気予報がずっと雨。
一方で オスロは連日 快晴の26度。
前日に大きく予定変更して、オスロの懐かしい風景を堪能してきました。


c0364500_06540774.jpg


上空からの景色も  おぉぉぉぉーーーって感じです 笑


5月のオスロ  ライラックが咲き乱れていました。


c0364500_05411336.jpg

本当になんてかわいらしい花なのでしょう!!!

王宮前もライラック街道です。


c0364500_05425445.jpg

街中も白や紫のライラック
ノルウェーにとって ライラックこそが初夏の訪れを感じさせる花。
日本でいう桜なのかな~



c0364500_05450822.jpg
土曜日   ホテルのそばで開かれていた蚤の市
よく来たなぁ。
お店の配置も、変わってなくて、なんだか嬉しかった。



c0364500_05462733.jpg

小さなガラスの一輪挿しとハーダンガー刺繍を買いました。
ノルウェーの物価は 驚くほど高いけれども、
蚤の市は そうでもなくて よかった。


c0364500_01261488.jpg



さて
山の方へ行ってみましょう。

ホルメンコーレンのジャンプ台
新しくなってからは来ていないので、わくわく。


c0364500_05502770.jpg

わお メタリックな感じになってるのね。

上まで登れるというので(もちろんエレベータで)
主人が登ってきました。


c0364500_05515696.jpg

さらには、
ロープでジャンプ台のスピード体験が出来るらしく
そういうの大好きな夫、もちろん 挑戦。



c0364500_05532907.jpg
スマホで動画も撮れたらしいけれども、
主人、もしも携帯落としたらシャレにならないからと
撮らず。
実際は楽勝で撮影できたそうで、ずっと悔いていました 笑



あ、私?
高いところ まるで興味ないのと、怖いのとで、
下のカフェでお茶して待っていました。

ここのカフェのインテリア 可愛かったなぁ。



c0364500_06310608.jpg


ジャンプ台そばの眺めのいいレストランも行ってきました。



c0364500_05584288.jpg

天気もよく、眺めもよく 沢山の人で賑わっていましたよ。

c0364500_05594757.jpg

ここで食べた スカンジナビアンプレート。
あら 洒落てる。 

c0364500_06021510.jpg


このレストラン どこか垢抜けなくて、
食事もアップルケーキ以外
たいしたものなかったのに、なんだか モダンになってる。

c0364500_06304580.jpg


このヘラジカのリアルなオブジェは そのまま。


c0364500_01143382.jpg



まぁ 10年たてば、いろいろ変化があるわね。


山の住宅街は、ノルウェーの伝統的な屋根が特徴の家。



c0364500_06112679.jpg

このへんに暮らす人、毎日 絶景見られるわね。
鹿に遭遇することもあるでしょう。



c0364500_06182675.jpg


クロスカントリーの練習?している人たちも沢山見かけました。

本気の人たち。



c0364500_06144743.jpg

↑こちらは、おそらく 選手
↓こちらは、おそらく 素人さん

c0364500_06160697.jpg
ノルウェーの人々
スキー板はかせたら、天下一品!



山方面は、ともかく 絶景が広がり感動ものです。

c0364500_06010072.jpg
主人がよくプレイしたゴルフ場や
友人たちとピクニックした湖も見えて 
思い出いっぱいの景色に泣きそう。


c0364500_06064888.jpg

山を下りて 思い出の湖へ行ってみました。




c0364500_06075381.jpg


白樺の木陰でピクニックしたなぁ。
お酒飲んで 眠くなって2時間爆睡したこともあったなぁ。



公園は、
まだ夏前だというのに、もう裸の人までいましたよ。
新緑の美しい季節
どこを切り取っても、緑がたくさん 
太陽が近くに感じられ、
まぶしいのなんの。





c0364500_06170592.jpg

一応 海へも行き、名物のエビを食べてきました。


c0364500_06204950.jpg

エビに花の形のワッフル
カルダモンたっぷりのシナモンロール 
c0364500_06213180.jpg


そして、なんといっても ノルウェーサーモン

あいにく、日曜日と祝日の月曜日だったので、
よく行った魚屋さんがお休みで 
お気に入りのものが買えなかったのですが、
日曜日に開いているお店をみつけ、なんとかゲット。

c0364500_06344839.jpg

私が好きなものは、左のタイプ
コニャックとディルでマリネされたもの。
程よい塩気と甘みで 最高に美味しいの。

その場で切り分けて真空パックにしてくれたので、
帰って、早速頂きました。

c0364500_06364310.jpg
あぁ 最高。
肉厚でモチとしているのに、
歯ごたえがあって、なんとも言えない。
十分 メイン料理になりうる ノルウェーサーモンです。




どれもこれも 懐かしいったらありゃしない❤


最後は、夕焼けです。


c0364500_06321806.jpg


北欧の空の美しさは、格別。
この空 23時近くですが、もうひと月もすれば、あと
1時間明るいわね。



改めて、ノルウェー 本当に美しくて大好きな国です。
前日に大きく予定変更した旅でしたが、
満足度たっぷり。

c0364500_06544055.jpg




冬は、オーロラー 見にゆくぞーーーー!







今日のつぶやき


初夏のアレルギーが始まりました。
もうもうもうもー  鼻と目がかゆくてかゆくて 
お化粧できない^^
日本では、花粉症たいしたことないのに、こっちにいると決まって初夏に同じ症状。
日本になくて、こちらにある 何か に反応している。
うーーー




# by nanako-iro | 2018-05-29 00:00 | travel | Comments(7)

花を飾る

チューリップの季節が終わって、いよいよ 大好きなシャクヤクのシーズン。
今の季節はとくに、お花屋さんの前を通るのが本当に楽しいものです。


c0364500_01315670.jpg


もう少し のんびり咲いてくれてもいいのに、
本当 あっという間に満開になっちゃいます^^





c0364500_01325162.jpg



だいたい1週間に一回ぐらい 花を買っているかな~


お花の写真がたまっているので、
一挙にアップしまーす。



4月27日は 国王の日。
ナショナルカラーのオレンジ。
この日は、町中がオレンジ色にそまるので、我が家もオレンジの薔薇を飾ります。


c0364500_22404975.jpg
普段 まず買わないオレンジ色の花。 
だから すごく新鮮です。
お揃いの色のランナー敷いて、合わせてみたの。




c0364500_22430604.jpg





5月の端午の節句。

残念ながら、菖蒲やらあやめやら それらしき花が見つからなかったので、
なーんとなく雰囲気の似た(笑)カラーの鉢植え。
鉢ものなので、かなり長くもちそう。


c0364500_22594862.jpg




この紫 すごく好きな色。
飾ってもうすぐ3週間だけれども、今も元気。
観葉植物的 いいかも。



c0364500_23001795.jpg




そして こちらもシャクヤク。
これは 母の日に(オランダも5月第二日曜日なので同じです)
ブーケで売られていたもの。


c0364500_22462766.jpg


シャクヤクとライラックだなんて、
好きな花 ツートップ ❤❤❤




c0364500_22473505.jpg





最後は、胡蝶蘭。
蘭の花は、年がら年中 スーパーで売られていて、
こちらでも、すごくポピュラーな花。
お値段も1000円ぐらいなので、
気軽に買えます。

お気に入りのピューターの鉢に植え替えました。




c0364500_22500503.jpg


この花があるだけで、部屋の印象がどこかシノワズリに。
近頃 シノワズリインテリアが流行っている様子で
シノワなテーブル小物が出回っているけれども、
個人的には、こてこてなシノワグッズでまとめる空間よりも、
なーんとなくシノワ的な印象がする! そのぐらいの雰囲気が好みです。


c0364500_22533653.jpg


それにしても、花ひとつで部屋の印象が変わるので、
不思議なものですね。




来週は、またシャクヤクを買って来よう!!!






今日のつぶやき



週末から三連休です。
この連休が終わると、もうクリスマスまで祝日ありませぇん。








# by nanako-iro | 2018-05-20 00:00 | flower&green | Comments(2)

バスク地方へ その2

バスクはなんたって「食」の街。
中でも、サンセバスチャンの食のレベルが高く
行く度に大満足。

夕食は、バルのはしご


c0364500_21393293.jpg


地元の微発砲ワイン チャコリをグラスで飲んで、
 並ぶピンチョスをひとつふたつつまんで 次のバルへ。


c0364500_21415815.jpg

バルの中には、
ステーキや煮込み料理など、メインになるような
メニューを出すところもあり、
20時以降になると、大賑わい。
賑わうというより、注文もできないほど こみあう。




c0364500_21441415.jpg



日曜の夜だったので、
いくつかのお目当てのバルがお休みでしたが、
折角 リサーチしておいたので、
備忘録として ここに書いておきまーす。



ALONA BERRI    雲丹スープ
Bar XERUKO   雲丹
Bar TXEPETXA  アンチョビ
ATARI GASTROTEKA  アーティチョーク
Gondarias  カニグラタン
BAR GOIZARGI  日本語メニューあり
La Cuchara de San Telmo  ステーキ フォアグラ



こんなところかな。
最後のお店は、ともかく人気で安くて ものすごくこんでいるけれども、
行く価値あり❤





さて、サンセバスチャン 
もう一つのお楽しみは、ミシュラン★店が多いこと。
今回は、二つ★ですが、
なかなか予約のとれない面白いレストランがあると聞き
5か月前から予約をし、行ってきました。


ムガリッツ といいます。


c0364500_21535555.jpg
サンセバスチャン街中から少し離れた丘の上?にあります。
まわり、ほーんと何もない場所。

新緑の綺麗な季節だったので 外でアペリティフとアミューズを。


c0364500_21555921.jpg
アラカルトどころか、メニューも一切なく、
お料理のイメージが書かれたものだけ渡されるけれども、
なんだか さっぱりわからない。

え アミューズをのぞいて、20品近く出てくる!

無理^^


と、思ったら 一品がこんなサイズ


c0364500_21594987.jpg
驚くべきことが、なんとなんと
料理のほとんどを手で食べなさい という。


まぁ つまめるものはいいけれども、
中には氷を使ったり、刺身状のものもあり、
食べにくいったら、ありゃしない。
おかげで ほとんど 写真も撮れず。


c0364500_22015973.jpg
スプーンが出てくるとホッとしたりして^^





途中、キッチンへご案内というサービスタイムがあって、
そこは興味深かったわ。

c0364500_22032339.jpg

さすが 星付き店は、従業員の数もすごい。


c0364500_22040652.jpg

このレストラン  数年前に火事があり、
経営危機に直面した際
日本人シェフたちが協力して、再建されたという話を聞きました。



c0364500_22070157.jpg
で、お料理の話に戻って、
最後まで ?マーク一杯の小さな料理が続き
(小さな魚料理の連続攻撃には さすがにもう 要らないと思った)
途中で、あとどのぐらいありますか?
数品スキップしてデザートへ行きたいと主張すると、
デザートはない だと。
残してくれて構わない だと。


最後にカカオ70パーセントの
茶色い塊のチョコが出てきて、
全コース 終了。


主人は、料理にあわせてワインを飲んでいたので、
それなりに酔ってご機嫌でしたが、
私は、お酒控えめにしたので、料理ひとつひとつ吟味して頂きました。
結論として、この料理でミシュランはあり得ない というのが正直な感想。

もちろん、舌の好みは人それぞれだし、
レストランの雰囲気もサービスも それなりによかったけれども、
ここの料理を絶賛する人がいるとしたら、
完全に首かしげるな。
これは、美味しい! と思えるものはひとつもなかったから。

夫よ ごめんね。





私は、こんな高級店よりも、
バスクなんだから、海バスク 山バスク 素材が命の
シンプルな料理が一番おいしいし、幸せを感じる。


イワシのグリル

c0364500_22172398.jpg
ピメントスの素揚げ



c0364500_22181471.jpg


冷えたサングリアとピンチョスつまみ


c0364500_22195996.jpg


また サクッと バル巡りしに 行きたいな❤






今日のつぶやき


突然 目の脇あたりに 大きなシミが出現。
どうやら 肝斑らしい。
鏡 見るのが憂鬱・・・










# by nanako-iro | 2018-05-18 00:00 | Comments(0)

バスク地方へ

3度目のバスク地方へ旅行してきました。
今の季節、新緑がまぶしくレンタカーでのドライブも快適です。

ビルバオからサンセバスチャンへ高速乗って1時間
このサンセバスチャンを起点に、スペイン側 フランス側
山バスク  海バスク  様々な小さな村や街をめぐることができるのが
バスク旅行の楽しみ。

スペイン側なら、大都市 ビルバオ サンセバスチャン オンダリビア
フランス側なら、唐辛子の村エスペレット 赤い屋根の家が続くアイノア
フォトジェニックな サンジャンピエドポー 
ほかにも 小さな村々が実に沢山点在。
ビアリッツまで行けば、フランスの海の風。


過去の2度の旅行で 一通り回っているので、
今回は ひたすらのんびり ドライブしてきました。


もう のどかすぎて 笑っちゃうぐらい!

c0364500_04363763.jpg


この地方の馬 牛柄が多いのよ 笑


c0364500_04375823.jpg

遠目だと 牛かと思う。
カウベルまでつけてるから、近づくまで牛だと思ってた。



牧場のむこうが海って、不思議な感じです。



c0364500_04392628.jpg
だいぶ山を登ってきたので、下に見えるのが
スペイン オンダリビアの街。


ギリギリのところで記念撮影。
ちょっと びびってる 私^^

c0364500_04404346.jpg

オンダリビアは、サンセバスチャンに比べてぐんと田舎だけれども、
建物が可愛くて、ピンチョスを置いたバルも並んでブラブラするのも楽しい。


c0364500_04423753.jpg
お昼お


お昼から飲んで陽気なおじさんたちと目が合う。

c0364500_05345419.jpg

  

籠屋さんを見つけたので、入ってみたわ。
小さくカラフルな籠が可愛いい。

お財布サイズのミニかご。
ポシェットタイプと迷って、手持ちのものをひとつ買いました。
16ユーロ。



c0364500_05151677.jpg

嬉しい。



ここから
さらに車を10分走らせると もうフランスです。


丘の緑が本当に綺麗。

小さな村に立ち寄って、お茶を飲んだり、写真撮ったり。



c0364500_04504848.jpg


サクランボ村といわれるItxassou のホテル



c0364500_04522259.jpg
いかにも小さな村の小さな田舎ホテルだけれども、
バスクらしくて好き。


ここ 一応 ロビー 笑


c0364500_05161763.jpg




レストランは準備中で誰もいなかったけれども、
こんな景色を見ながらの食事もいいかも。




c0364500_04544938.jpg

ガトーバスクのお菓子で有名なSARE
15分もあれば、一周できちゃうかもね。




c0364500_04555649.jpg


さて、
大好きな サンジャンドリュズへ。




c0364500_04475283.jpg

この街の何が楽しいかって、ずばり  買い物!

ストライプで知られるバスクリネンのお店がたーくさんあるの。





c0364500_05352980.jpg


あれもこれも 欲しい。




c0364500_04571227.jpg

クロスからランナーからバッグからナプキン
お店の数も沢山あって、目移りします。
しばし 主人と別行動。


c0364500_04585059.jpg

布が量り売りで買えるので、
母や義妹にお土産買ったり、もちろん自分にも。



次から次へと素敵なものが見つかって、
う 主人と別行動とはいえ、お財布が心配・・・



ちなみに、私のおすすめのリネンやさんは、
Tissage du luz と  Jean bier



主人と合流して、彼もスポーツ用のトートを買い
私は、店内で半額になっていたトートを。




c0364500_05025738.jpg


で、こちらが今回買った布の一部
本当はもっと買ってるんだけどね^^

c0364500_05041892.jpg



バスク旅行 
次は 食事編です!






今日のつぶやき



今週 来週 と 祝日があって、
もうクリスマスまで 祝日ないのよね^^
なんだかなぁ。


# by nanako-iro | 2018-05-12 00:00 | travel | Comments(0)

組子細工 

一時帰国した際に、自分の誕生日プレゼントとして購入した組子細工のトレーと
友人がプレゼントしてくれた 同じく組子細工のコースターです。



c0364500_05595515.jpg


偶然のタイミングで 
まるでお揃い のようでしょう?
ご縁があるときって、こういう出会いがあるものです。
コースターのほうは、プチプラなのだそう。
けれども、好みど真ん中!!!

トレーのほうは、大橋ジャパンさんというメーカーさんの
もので、長方形ものものと正方形がありました。
組子の上にガラスがついており、取り外し可能。
すごーく品がよくて、即決でした。


コースターの上には、和田麻美子さんの小さな一輪挿しを飾ってみたわ。


c0364500_06043919.jpg


トレーのほうには、ちょうど5月になるので、陶芸で作った兜を。




c0364500_06055035.jpg


撮影している途中に、兜の角が折れていることに気が付く。
ショック!!!




c0364500_06074639.jpg

あ はい 右の角ね^^
このあと、接着剤でつけてみたけれど、
あとが付いてしまい 見栄えが悪い。
仕方ない もう一度 作りましょ。





日本の伝統工芸 組子細工
もっともっと 人気が出てもおかしくないと思うけれども、
一方で職人さんが減っているのかな とも思います。

白木なので、我が家のインテリアに馴染ませるのも難しいのですが、
大好きなので、うまく使いこなせたらいいな♪






今日のつぶやき



週末は、チューリップ畑へドライブしてきました。
ブログをどうするかを色々考えたのですが、
今後、ザ オランダな投稿については、旧ブログのほうに書いてゆこうと思います。
もし、昔のブログを覚えている方がいたら、覗いてみてくださいね。






# by nanako-iro | 2018-05-01 00:00 | home | Comments(0)