ワイン&テーブル会 ~スペインワインとピンチョス~

今回のテーマは「スパニッシュ」
バスク旅行帰りだったので、スペインモードそのままに!

c0364500_05284164.jpg


スペインワインをティスティングしながらの
バスクの話や スペインのぶどうの話 など。


紫のアジサイを飾りたかったけれども、
見つからずで、カーネーション。

c0364500_05311319.jpg
c0364500_05385274.jpg
白は、アルバリーニョとベルデホ
赤は、テンプラニーリョとがルナッチャ



c0364500_05325925.jpg

マンチェゴチーズを食べながら、まず この4本をテイスティング
してゆきます。

c0364500_05340151.jpg
テンプラリーニョは、リベラデルデュエロのもの。
2010年 ヴィンテージなので、
そこそこ 熟成されており、香りをとったり色合いを見るいい資料にも
なりました。


テイスティングのあとは、テーブルセットして。



c0364500_05372649.jpg
c0364500_05015578.jpg
c0364500_05025575.jpg


まずは ピンチョス並べて。



c0364500_05395958.jpg

材料がそろわず、
毎度 微妙に違う内容となりました^^


c0364500_05411683.jpg

ピメントスパドロン(しし唐みたいなもの)は初日だけ
手に入ったのだけれど、その後は、ミニズッキーニで。


c0364500_05422332.jpg

5分で出来ちゃう パスタパエリアを
サーブしました。



c0364500_05434677.jpg
パエリアの本場 バレンシアで食べたパスタパエリアが
とても美味しかったので、
それ風に。
カッペリーニを砕いても 作れそう。

これまた 具材が日によって違うという^^




デザートも 一応
c0364500_05453774.jpg



スパニッシュワインは、
コスパもよく 皆さんに好評でした!

c0364500_05483316.jpg


次回は、9月です。





# by nanako-iro | 2019-07-12 00:00 | table decoration | Comments(2)

サンセバスチャン Akerale へ

6月の連休に4度めのバスクへ。

念願叶って、サンセバスチャンのミシュラン三ツ星 Akelareに
出かけてきました。

数か月前に予約を試み、ランチでしたが予約がとれ、
それはそれは 楽しみにしていた食事なんです!!!


c0364500_05593708.jpg

海を見渡すことのできる丘の上の最高のロケーション。
広く明るい空間
真っ白いクロスに 盆栽がひとつ置かれたテーブル。


最初のプレゼンテーションから 
楽しい。

c0364500_06031561.jpg
スペイン国旗色のビスケットに
ブラックプディング。
c0364500_06040889.jpg
ユニークな演出
しかも、ひとつひとつ ちょうどいい塩加減で
アペリティフがくいくい進みます。
c0364500_06065531.jpg

ランチメニューは 3タイプありましたが、
コンビネーションは自由に変えられるとのことで、
主人とは、あえて違うものをチョイス。


すべてのお料理の写真は、撮りきれなかったけれども、
印象的なお料理を のせますね。

c0364500_06093306.jpg
テーブルの横で 簡単な調理をほどこし
サーブされます。
甘エビの炭焼きみたいな前菜。
卵がいっぱい入って香ばしい。



c0364500_06105446.jpg
こちらは、主人のオーダーした魚。
こちらも テーブル横で なにやら 調理。

c0364500_06115830.jpg

お客様の心をつかむのがお上手。


c0364500_06123887.jpg
 
フォアグラです。


え、この塩コショウ 多すぎない?
と びっくりすると、
「うふふ 召し上がってみてください。
塩のようで塩でなく 胡椒のようで胡椒でなく」と。

c0364500_06142884.jpg


そして、
このお料理の写真をどうしても撮影したくて
一眼レフを持って行ったの❤

お魚に3色のソース

c0364500_06172590.jpg

実は、ここに来る前
石原さとみちゃんの旅番組で紹介されていたこのお料理。
あまりにも綺麗で美しく ぜひとも 味わってみたいと
思っていたもの。
ネジのような三食のチューブがソースです。 
コルクをゼラチンで冷やし固めて、その中に注射器で
ソースを注入している様子を テレビで紹介していたの。
黒いチューブは、お醤油ベースのソースなのよ。



お肉料理も 小さなポーションながら
格別の味つけ。
塩加減 焼き加減 が絶妙で 二人でニンマリ。


c0364500_06154541.jpg
c0364500_06161431.jpg

量もちょうどいい。
あー 美味しい。
もっと食べたい 飲み込んだら おしまいだと思うと
もったいない・・・
そんな記にさせるお料理の数々。


チーズも おいしく頂きました。

c0364500_06220782.jpg

私がオーダーしたデザートは、リンゴのスウィーツ

c0364500_06225371.jpg

最後の最後まで あきることなく
それでいて、やりすぎることもなく
すべてにおいて、気負うことのないちょうどよさ。

素晴らしかったです。

c0364500_06242710.jpg


実は、
これでサンセバスチャンにある三ツ星レストラン3か所
すべて行くことが出来たのですが、
この Akerale
私たちの感想としては、ベスト1 決定です!!!



コースメニュー 230ユーロでした。
まぁ 安くはないけれども、価値あるお値段だと思います。



おまけ

今回、ホテルもこのAkeraleに。
おなかいっぱい食べて そのまま部屋で寝る。
幸せすぎたーーー


お風呂が気持ちよかったわ。
c0364500_06285704.jpg

贅沢な食旅でした。









# by nanako-iro | 2019-06-20 00:00 | Comments(0)

芍薬の季節

私の一番好きな花 シャクヤクの季節。

今年も沢山買って 部屋中に飾っています。

最初に選んだ色は、白。

c0364500_04591776.jpg


つぼみが少し膨らんだものを買ってきたら
あっという間に満開、どさっと花びらが落ちて、あらら・・
フランスのアンティーク皿と一緒に飾ってみました。



白いシャクヤクを選んだつもりだったのに、
咲いたら、少し黄色だったわ。


c0364500_05021490.jpg

次に選んだ色は、鮮やかなピンク。
ピンクというか赤というか。


こちらは、かたい蕾で買ってきました。


c0364500_05034106.jpg

お気に入りのアロマキャンドルと一緒に飾って、
ミックスなインテリアに。

2日経った頃、膨らんできた。
このぐらいが可愛い。


c0364500_05043895.jpg

開くと こんな感じです。

c0364500_05055707.jpg

一重のシャクヤクでした^^





続いては、ほんのりピンク色をしたシャクヤク
すっごく好きな雰囲気。
c0364500_05245338.jpg

花びらが何重にも❤
やっぱり シャクヤクはこうでなくちゃ!



c0364500_05072414.jpg


いっぱい写真撮っちゃう。

c0364500_05081439.jpg

ダイニングスペースがいい香り。


c0364500_05231627.jpg
アップでも。


c0364500_05084090.jpg

こちらは、料理教室の先生のお宅で。
赤い シャクヤク 見事です。


c0364500_05242100.jpg



さぁ 週末 小旅行なので、
いったん お休みしますが、
次は、王道ピンク色のシャクヤクを買ってくるつもり。

6月いっぱい 花屋さんは、芍薬祭りみたいになってまーす。 (笑)



c0364500_05265245.jpg



あー  好き。
ほんと 大好きなシャクヤクです。








# by nanako-iro | 2019-06-07 00:00 | flower&green | Comments(2)

ワイン&テーブル会  ~リースリングと白アスパラガス~

5月の会は、今が旬の白アスパラガスにあわせてリースリングを。

テーブルコーディネートは、初夏の清々しいイメージで。

c0364500_23174142.jpg

ラタンのアンダープレートやナプキンリングと
アンティークのお皿をあわせてみました。


c0364500_23195098.jpg
グラリオサ
黄色もあるのね~


c0364500_23213888.jpg


白アスパラガスとワインのマリアージュ
特にコレという事ではなく、
基本的には 地元で採れたアスパラガスには地元のワインを
合わせるのが一番なので、
今回は、リースリングをテーマにしたので、
オランダのリースリングも初トライ。


c0364500_23242496.jpg


まずは、クロスを敷かない状態で
チーズと一緒にワインテイスティング。
リースリングの特徴をお話しながら、同じ品種でも
個性の違うワインを感じてもらえるかな。

オランダ マーストリヒトで作っているワインも
なかなか 美味しいと評判でした。



c0364500_23425406.jpg



食事は、ワイン会なので あくまでも簡単時短なものですが、
白アスパラガスのムースを
初めて作ってみました。
トッピングは、トリュフと雲丹とサーモンクリームを
ご用意して 好みのものをのせてもらうスタイル。



c0364500_23291655.jpg

やはり トリュフとの相性が一番よかったかな。


c0364500_23312770.jpg



その後は、白アスパラガスのマリネと ゆで汁でリゾット。
お料理教室じゃないので、
誰でも作れる簡単なもので申し訳ない^^



c0364500_23303907.jpg

舞台裏は、バタバタなのですが、
皆さん、ペロッと召し上がってくださって
嬉しいぞぉ❤


c0364500_23343619.jpg

今回は、デザートの盛り付けを
皆さん それぞれで挑戦してもらいました。


c0364500_23572295.jpg




スーパーなどで買ったスウィーツでも
デコレーション次第で
オシャレに美味しそうに見えるものです。
なはは 手抜き料理も 見栄えよければ 
それでよし! 


ご参加 ありがとうございました。





# by nanako-iro | 2019-05-31 00:00 | table decoration | Comments(4)

ポルトガル お買い物

ポルトガルでお買い物
あちこちで見かける このお皿。
ボルダロピニェイ


c0364500_05595633.jpg

今年のテーブルウェアフェスティバルでも 注目されていた様子。
動物シリーズは、目を引きます。


c0364500_06343855.jpg



イチゴやキャベツなど果物や野菜をモチーフにした発色の綺麗な器たち。


c0364500_06355003.jpg


小鳥もかわいい。

c0364500_06361554.jpg



ただ、このてのお皿は 実際料理を選ぶし、使うシーンが限られる。
お写真だけ撮って、手を出しませんでした。 (笑)





そーだ  カトラリーのクチポールがあるわ。
確か、ポルトガルよね。

お店を探して、出かけてきました。

c0364500_06380595.jpg
柄の細いクチポールのカトラリー
人気ありますね。
黒のデザートカトラリーはすでに持っているので、
今回は、ディナー用のセットを買おうかな。

各色揃います。
黒とグレーとネイビーを並べてみました。


c0364500_06401911.jpg


この微妙な色の違い・・・
ブラウンも惹かれたけれども、茶は別のカトラリーで狙っているものが
あるので、オーソドックスな色で
ネイビーをチョイス。

が、お値段聞いて ちとがっくり。
日本のアマゾンなんかで売ってる金額とそれほど
変わらないの(-_-;)

私たちは、ユーロ圏に住んでいるので、免税にもならないし
ナイフ フォーク スプーン 6本ずつ買ったら3万円ぐらい。


お箸もあるのね。

c0364500_06454844.jpg

店内 結構広くて、二階はアウトレットの商品(クチポールの商品以外のものが
ほとんど)
そのほか、器全般いろいろ売っていました。





お買い物は、このカトラリーとテーブルランナー1枚と
魚の缶詰とワイン4本。



ホテルで売っていた このアクセサリーが素敵だったな。

c0364500_06494312.jpg
サイズ 合わず 断念。




以上 中身うすい買い物レポート 
失礼しました^^

















# by nanako-iro | 2019-05-16 00:00 | pottery&porcelain | Comments(0)