paris 小旅行 その2

今回のパリは、主人と一緒だったので、
いつものパリ小旅行に比べ、まぁまぁいいホテルに泊まれて、
食事も、ゴージャスな場所へ。
ランチですけどね (^_-)-☆

第一希望のレストランは、予約叶わなかったのですが、
数年前にミシュラン三ツ星に昇格したらしい
フォーシーズンズホテル内、 ルサンク へ。

c0364500_04063164.jpg


正統派フレンチは、夫婦ともにあまり興味がなく、
星付きレストランへ行くことも少ないのですが、
久々にドレスコードがあるような店内、心地よい緊張感 笑

レストランの様子を写真撮りたいところですが、
クラシックな店内、非常に撮りずらい^^
なので、天井のシャンデリアでご勘弁を。

c0364500_04154676.jpg


お料理は
その日のコースメニュー4コースにしました。
男女で行くと、女性のカルト(メニュー)には、お値段書かれていないので、
こそっと 主人に聞きました。
145ユーロ だそうです。


食前酒は、
勧められるままに、シャンパーニュ。
主人は ブランドブラン   私は ブランドノアール で。


まずは、
アミューズです。


c0364500_04133776.jpg

 
綺麗なのですが、非常に食べにくい演出^^


続いて、ウニです。
c0364500_04182427.jpg

口の中でとろけましたです、はい。
一緒にいただいたパンも美味しかったぁ。




さーて
ワインリスト 見せてもらいましょ♪
グラスでシャンパーニュを飲んだあとなので、
ボトルで赤1本を選ぶつもりです。

ひっ  百科事典か?
というような分厚いリストが主人に渡されます。
まぁ そーだよね、普通 男性がチョイスするよね (-_-;)
一応 主人が一通り目を通して、
大丈夫 二桁のワインもあるよ と 笑

メインが鹿肉とあったので、ジビエ系でしょ
ローヌのシラー あたりが無難だけれども、
うーん  面白くないな。

主人からは 「俺が飲んだことのない赤で100ユーロ前後のもの」という
要望だったので、
少し思い切って、ロワールの ソーミュールシャンピニー はどうかな?
と。
これかこれと頭に描いて、
ソムリエさんに相談すると、
「とてもいいセレクションです。 鹿肉ですが、そうヘビーなお料理ではないので、
カベルネフランも合いますよ。 もしくは、ローヌのサンジョゼフなどはいかがでしょう?」
と、うふ 私が思っていたワインを勧められたわん。
が、夫も私も、
まず 普段 飲まないワインを飲んでみたかったので、
最初にチョイスした ソーミュールシャンピニーをお願いしました。


c0364500_04315149.jpg

あぁぁ ワインの本場 パリのレストランで
こんなやり取りをソムリエさんとできるなんて、幸せ❤
資格とって よかった!!!


ベジタブル臭の強いカベルネフラン
主人も 最初 びっくりしていましたが・・・。


続いては こちら。
c0364500_04344611.jpg


ローストオニオンのワインソースみたいなお料理。
ウニのあとに出てくるお料理としては、
ちょっと重いなぁ という印象。
美味しいけれど。



そして、メインの鹿料理。



c0364500_04362949.jpg

あらん  ポーション小さい 笑
鹿肉ということもわからないまま、食べきりました。
ランチだからよいけれど、
ディナーで このポーションでは、満足はしないでしょう。


そして、デセールです。
そうそう 星レストランって、自分のお願いしたお皿が出るまでに、
いくつも出てくるのよね。
こちらもそうでした。


c0364500_04454840.jpg

ムースやボンボンシャーベットみたいなのが
出てきて


c0364500_05165393.jpg

ようやく、こちらが私のオーダーしたデセール。
ガラスドーム?を壊していただきます。



c0364500_04470705.jpg



このあと、お茶をいただくタイミングで
またもやデザートワゴンがまわってきて、
選ぶように言われますが、
もうおなかいっぱいで、キャラメルひとつだけ貰いました。



と、こんな感じで2時間半のランチを楽しみました。

ランチ終えての感想は、
星 2.5 コ  ってところかな。



お値段は、二人でおよそ500ユーロ  です。 ふぅー




ところで 余談ですが、
この日のランチ ほぼ満席でしたが、お客さんの3~4割がアジア系。
おそらく 中〇人。
で、席について気がついたのが、
そのアジア系の男性がみな同じジャケットを着ているの。
私たちが席についたすぐ後にも、アジア系カップルが隣のテーブルに来て、
コートを脱ごうとした瞬間
店員さんがかけつけ、
もし そのコートを脱ぐのならば(ジャケット風コート着ていた)
こちらのジャケットを着てください と渡されていたのです。
その男性、コートの下はシャツ一枚で。
そこで気がついた。
アジア系の男性がみんな同じジャケット着ているのは、そういう事ね!
ここのドレスコードは、ジャケットありなのね。
が、ドレスコードがあるのは男性のみで、
女性を見たら、デニムにタートルセーター 
足元はスニーカー。
それでも、何も言われていない。
が、明らかに、浮いてる。
彼らが横を通りすぎるときに見たら、
二人ともリュックだし。
それでも、三ツ星に来ちゃうのね。
で、両腕にエルメスの紙袋持ってるのよね。
うーん  うーん  うーん
お店の方も 色々 思うところあるだろうなぁ~
まぁ きっと 数十年前の日本人がこんな風だったのだろう
と、複雑な思いでした^^


でも、こういうドレスコードのあるフランスの高飛車?な感じ
嫌いじゃないです  (^^♪





さて、次の記事で 今回のパリでのお買い物をご紹介しちゃうわ!






今日のつぶやき


一時帰国の日程が決まりました。
俄然 元気出てきた 笑





# by nanako-iro | 2018-01-26 00:00 | travel | Comments(4)

paris 小旅行 その1

スペイン旅行記を書き終えたばかりだけれども、
 年明けに パリにも出かけたので、
さくっと書いておきまーす。

旅行記は、忘れないうちに書いておかないと、
どんどん面倒くさくなってくるので、
できるだけ、帰ってすぐに書き記していこうと思うの。

と、いうことで アムステルダムから電車でおよそ3時間 パリです。
いいねぇ~  近いねぇ~


c0364500_01432913.jpg


今回のパリ
いまいちお天気に恵まれず、街ショットほとんどなし。
でもって、観光名所や美術館にも行かず、
目的は、買い物と食事!!!

嬉しいことに、
日曜日、パリのデパートはオープンするようになったらしく
これまで日曜日をどう過ごすか課題だっただけに、
ラッキー。



牡蠣食べてワイン飲んで、
靴擦れできるほど歩いて歩いて、ショッピングの
二泊三日。

もちろん 主人とは時間決めて別行動ね。


まずは、オペラ界隈スルーして、
サンジェルマンデプレヘ。
大好きなボンマルシェデパートをのぞく。

c0364500_01490217.jpg

ソルド3日前だったけれども、
デパートのカードがあれば、セール対象商品は40パーセントオフになるっていうので、
その場で作る 笑

ほんと、素敵なものがたくさんあるのよー !!!

c0364500_01504771.jpg

↑ジャンルイコケは、一切セールになっておらず^^
今回、お皿や器はセール品で欲しいものがなく 断念。



c0364500_01521704.jpg

テーブルランナーを2枚買いました。


フランスらしい リモージュも沢山あります。

c0364500_01535308.jpg



まだクリスマスのデコレーションなので、華やかです。

c0364500_01550502.jpg

見ているだけでも、テンションあがってくるのよね~

c0364500_01555616.jpg


そうそう
アムステルダムでもそうなのですが、パリでも今 アジア系のお皿やテーブル小物が大流行。



c0364500_01580882.jpg

↑このTOKYOってシリーズは、ドイツでもオランダでも見かけます。


c0364500_01591287.jpg
鉄瓶は、もはや 常識中の常識で。

こちらは、漆椀そのもので。

c0364500_03070481.jpg

色の合わせ方なども、オリエンタルテイストでしょう?

c0364500_02002247.jpg


あぁ 楽しい。
見ているだけでも、飽きないわ。




ボンマルシェデパートは、グルメ館が人気だけれども、
私は、お洋服見るのも、ここが一番好き。

さんざん見て巻いて、ストールをふたつ買いました。



街ブラも、なーんて楽しいのでしょう。
1ブロック歩く間に、気になるお店がいくつもあるし(-_-;)

c0364500_02050053.jpg

季節柄、
ブーランジェリーやスウィーツ屋さんは、ガレットデロワを買い求めるお客さん 多し。



c0364500_02064571.jpg

中身のフェーブだけ欲しい 笑


大好きなLICHARTのショコラティエ にも立ち寄る。
チョコレートも大好きだけれども、今回はミニミニマカロンを購入。
サレ味のチーズフレーバーが気になる。



c0364500_02085641.jpg

甘いものより、こっちなんだな、私たち❤


c0364500_02102202.jpg
サンジェルマン界隈に牡蠣専門店 発見。

c0364500_02111323.jpg

別のシーフードバーでは、恒例のウニのタラマを。
タラマは お土産で瓶詰めも買いました。



c0364500_02454280.jpg


サンジェルマンデプレのキュイジーヌドバーは、
お店の感じが少し変わっていたけれど、
このマスタードのきいたドレッシングサラダがお気に入り。


c0364500_02150500.jpg

タルティーヌは、サーモンをチョイス。
グラスワインがついて、16ユーロ。
お得なセット❤

c0364500_02161631.jpg

あぁ 美味しい。
うーん アムスのカフェと何が違うのだろう・・・
パンかな?  ドレッシングかな?  盛り付けかな?
それとも、違う気がするだけで、
パリマジックなのかな?

ワインショップにも立ち寄り、一本ずつお気に入りを買い、
食材を少しだけ買い込み
夕食は、国虎屋のうどん。
相変わらず、長蛇の列 人気のうどん店です。


美しくて 美味しくて フランス語が聞こえてきて
素敵がつまった街 パリ !!!
毎度 同じお店ばかりのぞいているけれども、
それでも 刺激たっぷり 物欲も止まらない。
困った 困った。



c0364500_01453765.jpg


最後の写真は、もみの木のゴミ捨て場。
フランス語でサパンっていうんですね。


c0364500_02400711.jpg



2日目のランチは、今回のパリ小旅行のメインイベント
ちょっと気張って、
三ツ星レストランへ!!!

次の記事でレポしまーす♪





今日のつぶやき





日本 大雪で大変だったそうですが、
こちら オランダは、10年ぶりの強風で死者も出たほど。
もともと風の強い国ですが(だから風車)
その日は、風の音で目が覚めて、道路は折れた木の枝が散乱。
ゴミ捨て場のもみの木がブーンと飛ばされていました^^
この動画は、ちょっと大げさな気もしますが・・・


# by nanako-iro | 2018-01-24 01:38 | travel | Comments(2)

バレンシア&マジョルカ島 旅行 その2

バレンシアから飛行機で50分
マジョルカ島です。ここに三泊の予定。
島ではレンタカーを借り、ポルトデソイエールという名のビーチまでドライブしました。

青い空と青い海。
冬の海ですが、水着で海に入っている人もいましたよ。
私の感覚じゃありえないけど。
確かに陽が出ていると暖かいと感じるけれども、それでも薄いコートは
手放せず。


c0364500_02244883.jpg
ハーバーもあり、
リゾートホテルもいくつかありましたが
オフシーズンはオープンしていない様子。

c0364500_02255921.jpg
人も少なく静かなビーチですが、
夏はまるで違う光景なんだろうなぁ~


ソイエールは 海と山と両方あって
マジョルカ島中心地から40分ほどと
ドライブにちょうどいい。

c0364500_02285718.jpg
街の中を小さな電車がかけぬける
こういう情緒のある村 大好き。

c0364500_02320213.jpg
特別 なーんにもないのですが(笑)
カフェでお茶飲んで のーんびりした空気を味わってきました。
あ ここにも オレンジ。

c0364500_02332538.jpg

マジョルカ島では
中心地にある 修道院を改装したというホテルにステイ。

c0364500_02351273.jpg
祭壇のあるべき場所に カウンターバー
不思議な感じ。

部屋へ入ってまたびっくり。
部屋の真ん中に バスタブがバーン。
ベッドの横ですよ。
シャワーベースは また別にあります。
結局 このバスタブに入ることはなかったわ^^

c0364500_02370788.jpg
街の中心地には大きな聖堂があります。
夜 空港から街へ向かう途中
ライトアップされた大聖堂が見えて、それはそれは綺麗でした。



c0364500_02422478.jpg

大きすぎて 全体像撮れない 笑

内部です。
吸い込まれそうな空間が広がっていました。

c0364500_02482107.jpg

ステンドグラスはきらびやかさはなかったものの、
シンボリックで素敵でした。

c0364500_02443665.jpg

欧州にあるあちこちの大聖堂を見てきましたが、
このマジョルカ島の大聖堂 すごく印象に残ったわ。
c0364500_02475236.jpg

街の中心は、店の数も多くそれなりに込み合っていましたが、
お買い物は やっぱり 何もなく。

c0364500_03104282.jpg
でも 夜のライトアップが年末年始ならではの美しさ。


c0364500_03170779.jpg



さーて
食事です。
スペインの食事が大好きな私達ですが、
中でも マジョルカ島ではシーフード料理が楽しみで!!!


まずは、市場にどんなものがあるのか 物色。

c0364500_02495428.jpg

野菜や肉 お酒や日用品を売る店の奥に、
シーフードコーナーを発見。

すごいすごい。
築地マーケット状態です❤

c0364500_02514497.jpg
牡蠣も大きい。

c0364500_03175454.jpg


牡蠣はその場で開けて
食べさせてくれるので、私たちも2つずつ。

お寿司も並んでいます。


c0364500_02522175.jpg

週末だったからか、大混雑。
朝から(10時ごろ)みんなお酒飲んでるしー

私たちも朝食のつもりだったけれども、
一杯だけカヴァを頼んで  美味しそうなものをつまむ。


c0364500_02542088.jpg

↑えびと片口いわし?のフライ。
↓ツナとサワーアンチョビのピンチョス

c0364500_02561491.jpg
ぐふ。
幸せ。

夜もシーフード
エビでしょ。


c0364500_03043200.jpg
タコでしょ。



c0364500_03052975.jpg

最後の晩は、
海沿いのゴージャスホテルでディナー。

c0364500_03075341.jpg

すごく有名なホテルなのに、オフシーズンのレストランでは、
なんと お客さんは私たちだけ。
スペイン旅 最後の夜 カバァも飲みおさめ。

c0364500_03084593.jpg

久しぶりに2ショットで写真も撮ったりなんかしちゃって 笑


c0364500_03193531.jpg

以上 年末旅行のレポートでした。



今日のつぶやき


週末にいろいろな出来事があって、
一時帰国も考えたけれど、ひとまず断念。
人生のバイオリズムが低迷中・・・
正直言うと
ブログなんか更新している場合じゃないの(-_-;)






# by nanako-iro | 2018-01-17 00:00 | travel | Comments(10)

バレンシア&マジョルカ島 旅行

パリ小旅行から戻ってきたところですが、
写真もたまってきたので、ぼちぼち 年末の旅行記でも書きます。

相変わらず、投稿画面が突然消える現象発生中。
これで3回目。 もう嫌!


年末は、スペインのバレンシア&マジョルカ島へ。

バレンシア といえば、オレンジの国。
街のいたるところに、オレンジの樹が立派な実をつけていましたよ。




c0364500_07022152.jpg
オレンジの色が濃い!


c0364500_07010111.jpg
街路樹もオレンジ

c0364500_02493892.jpg
広場には、必ずオレンジ
c0364500_02534994.jpg
建物とオレンジもフォトジェニック

c0364500_03073743.jpg

しつこいぐらい 撮りまくる
c0364500_07030812.jpg
なかなかの大木も。


c0364500_03092178.jpg

マーケットへ行くと、もちろん 大量オレンジ
ま これは 普通か^^
葉っぱついたまま売られているのね。



c0364500_03121561.jpg


バレンシアの中央市場
いろいろなものが売られていて楽しかったです。
特別な観光スポットがないバレンシア
この市場が活気あって楽しいかな。

c0364500_03140796.jpg
イベリコハム 
どんだけ~ってほど 並んでいます。


c0364500_03485859.jpg
違いがわからないけど。

その場で切ってくれたりもします。
c0364500_03522856.jpg

ハム ハム ハム


c0364500_03151394.jpg


レストランでも、イベリコハムを連続で食べましたです、はい。


c0364500_03503250.jpg


ワインとの相性も 最高なんだもん❤




こちらは、オリーブ屋さん。


c0364500_03172561.jpg

市場の横で、ピンチョスつまみながら 
まずは、一杯ワイン。

c0364500_03182252.jpg
私たち夫婦の大好物 ピメントス


c0364500_03541442.jpg


昼夜 つまんで飲む  つまんで飲む 
を繰り返す。




バレンシアのホテルは、
サイトで人気の高かった caro hotel に。

c0364500_03193286.jpg
遺跡のある場所らしく、
ところどころ そんな風情を残した建物でした。

朝食は
もちろん イベリコハムをのせたパンにフレッシュオレンジジュースで。

c0364500_03212008.jpg

バターのかわりに、トマトのペーストをパンにぬって、
その上にハムをのせていただくのがスペインスタイル。

マンチェゴチーズも大好き。

もうひとつ、
バレンシアの名物といえば、パエリアです。

c0364500_03263012.jpg

↑これは、レストランのポスターを撮影したものなのだけれど、
この左下の真っ黒のイカ墨パエリア  食べたい!!!


c0364500_03284366.jpg

サフランがいい色にしあげてくれますが、
イカ墨 イカ墨  私の頭の中は、真っ黒なパエリア一色。


ホテルにおすすめのパエリア店を聞いて、
出かけてきました。

で ありました イカ墨パエリア。
しかも ライスじゃなくて、ヌードルタイプのパエリア。



c0364500_03304954.jpg
二人前です。  
思いのほか 余裕で食べられました。
ヌードルは、カッペリーニぐらいの細い麺を短く切って炊き上げたような感じ。

すごくすごく美味しかった!!!
二人でお歯黒になりながら、にっこり。

c0364500_03480642.jpg


4年前のスペイン旅行でパエリア鍋買って持っているので、
今度 このヌードルパエリア 作ってみようと思います。
イカ墨は無理だけど・・・



あー やっぱり 食は外さないな、スペイン!!!

買い物は、オリーブオイルとイベリコハム以外 何もほしいものがなく
エプロン1枚買っただけ。


なんだか ひたすら 飲んで食べる の旅行だったわ。

c0364500_03560277.jpg


石畳にゴシック建築
それなりに風情はありますが、
常に酔ってて、写真も少な目。


c0364500_02490671.jpg
スペイン第三の都市といわれるわりには、
これといった観光ポイントがないけれども、
まぁ 久しぶりに青い空のもと、食事のおいしいスペインを
体感しました。



旅行記は、
マジョルカ島へ続く。






今日のつぶやき



スペインで買い物しなくて、本当によかった。
だって、その後のパリで あれもこれも欲しくて大変だったから^^







# by nanako-iro | 2018-01-11 00:00 | travel | Comments(4)

ニューイヤーデコレーション

新年 最初に選んだお花は、やはりチューリップ。
この国らしく 新年らしく 紅白で飾りましたよ。


c0364500_07201741.jpg


松とユーカリは、クリスマスからの使いまわしですが、
花器にめいっぱい。
ちょっと息苦しいか (-_-;)


c0364500_07214174.jpg

お気に入りの花器に 紅白ランナーと水引でニューイヤーアレンジのつもり。
折角 お花の国に暮らしているので、
お花いけるの うまくなりたいなぁ。



盆栽もありますよ。

c0364500_07240136.jpg

カメリアとあったので、
椿とか山茶花とか、そんな感じのものです。
小さなつぼみがついているけれど、全然 開く気配がないわ~


毎年 恒例 お屠蘇セットのミニチュアもスタンバイ。

c0364500_07253531.jpg
カップボードの上に、並べています。



c0364500_07262685.jpg

この家では、
このカップボードの上を 季節ごとのデコレーションで楽しむつもり。



丸棚も お正月セット。


c0364500_07281112.jpg
そうそう
再び 陶芸教室に通いだしたので、
そこで作った白いボックス。
お正月っぽいかな。


c0364500_07300247.jpg


でも、お正月デコレーションって、
クリスマスと違って 短いから ちょっと寂しい。





今日のつぶやき


今朝、突然 ネットが繋がらなくなって焦ったぁ。
携帯もパソコンも すべてWi-Fiで繋いでいるから、
ネットつながらないと パニック。


週末は、電車でパリへ行ってきまーす。






# by nanako-iro | 2018-01-06 00:00 | home | Comments(4)